RENTAL BODY シリーズ





戻る

「初登校の朝」

作・KAZE
(原案者・TWO BIT)




「RENTAL BODY」シリーズの詳細については



http://www.mirai.ne.jp/~air/asobi/rb.html


を参照して下さい







「なんで俺がセーラー服を…」

ハンガーに掛けられた一着のセーラー服を少女が恥ずかしげに見る。

「はぁ〜っ、あんなところで事故らなければなぁ〜」



話は2日前に遡る…

「…………ん、んん」

「あっ、意識が回復したようですね」誰かの声がする。

Pi・Pi・Pi・Pi・Pi…

規則的な機械の音が聞こえる…何処だココは

「神経系・循環器系…シンクロ率どれも異常ないようですね」

「間もなく目覚めるでしょうから、それでは私はコレで…」

「あっ、契約面に関しては後ほど担当のモノが伺いますので、よろしくお願いします。」

声の主はそのようなことを言うと部屋から出ていった。

「お世話になりました。」お袋の声がする。

どうやら俺は生きているらしい…

「契約って…何だろう?」

「それより、俺はなんでココにいるんだ?」

「確か…確か…そうだ俺は事故ったんだっけ…」

記憶を辿る。

バイト代を貯めてやっと買ったバイクに跨り俺は快調にとばしていた…

新品のバイクの調子はきわめて良く、

慣らし運転だと言うことを忘れて、さらにアクセルを入れたら、

そうだ、アイツが飛び出してきたんだ。

目にハッキリと焼き付いている。あの白黒ブチの憎たらしい顔をしたネコ。

俺はそいつを避けようとして…

バランスを崩して…

その後は…

う〜ん、思い出せない。

ただ、あの状態の事故となればそれなりの怪我だと思うのだが、

なぜか身体の何処からも痛みを感じない。

なんだ…これは?

とその時、ふっと目が開いた。

「あぁ、気づかれましたか」

見るからに医者と言う風貌の白衣姿の男が俺の顔をのぞき込む。

「祐介!!」続いてお袋の顔が視界に入ってきた。

「鳥羽祐介君、だね」と白衣の男が聞いてきた。

「はい、そうですが…」と声を出したところで、はっと口を閉じた。

まるで、少女の様な声が俺の口から出たからだ。

なっ、なんだこれは、驚きと共に不安感が広がる…

「キミは昨日交通事故を起こして、この病院に搬送されてきたのだよ」

と言って、俺の怪我の症状を次々と伝えてきた。

話からすると相当な重傷のようだがなぜかそんな感じがしない。

それどころかさっきの声のことが気になる。

「…ということで、キミの本体はメディカルマシンの中で集中治療を受けているのだが…」と言ったところで、

「メディカルマシン?」と聞き返した。

そういえば以前テレビで見たことがある、大きく傷ついた人間の身体を、人工溶液の中に浸すことによって、大けがをしても比較的短期間で集中的に治してしまう…と言う話を…

けどそれって、確か治療を受けるヒトは人工冬眠的な状態に…

と思ったとき、この状況の辻褄合わせが出来る答えが浮かんだ。

その時、担任の杉山が顔を出してきて、

「普通ならこのまま一ヶ月ほど入院と言うことなんだが」と付け加えた。

そして「実は問題があってね…」と言うと、

「まぁ、なんて言うかその…鳥羽君、キミの出席日数がねぇ…」

と担任が言ったところで、

俺は自分の出席日数に余裕がないことに気づいた。

「まぁ、このコトで留年させるわけにもいかず、そこでご両親と相談したところ、 体が完治するまでの間、取りあえず替わりの身体を借りてもらうことになってね。」

替わりの身体?…やっぱり…

俺は飛び起きた…

ファサ〜

何かが顔を覆い視界が遮られる

「うわっ、なんだ?」

それが自分の髪であることはスグに判った。

やっとの思いで髪を分けて顔を出すと、自分の身体の様子が見えてくる

白く細い腕、2つの膨らみが盛り上がっている胸…どう見ても女の子の身体だ

急いで股間に手を持っていく…が、そこには男のシンボルはなかった。

「おっ、女の子…??」

「なっなんで…」

そこでようやく親父が口を開いた。

「実は…だな…父さんも母さんも、ホントは女の子が欲しかったんだ。」

「なぁ、母さん」

「ちょっちょっとお父さんたらっ… うん、まぁそぉねぇ…女の子なら一緒に買い物は行けるし、 家事や料理も手伝ってくれるし…ねぇ…」

とお袋が言ったところで、親父が、

「だから、まぁ替わりの身体を借りると決まったときに、女の子の体にしようと決めたわけだ」

ぬわにぃ〜っ

俺のイヤそうな表情を見た親父は

「まぁ、そうイヤな顔をするな。女の子はいいぞぉ、ブルマは履けるし、レオタードは着られる、際どい水着を着て男どもの視線を集めるコトだって出来る。」

おっ親父ぃ、正気か?

「おっお父さんたら、先生のいる前ではしたない」

「…でも、祐介。女の子の生活もそんなに悪くないから、ひと月くらいの経験もいいものよ」

「それにしても、祐介の保険にレンタルボディの特約をつけておいて良かったじゃないか、母さん。」

「そうねぇ…いざ借りるとなると、結構するからねぇ…」

親父とお袋のとりとめのない会話が続いたのち、話の切れ目で担任が、

「それでは鳥羽さん、制服を用意して置きますので、あとで学校の方まで取りに来てください」と口を挟んだ。

「ほんと、先生にはご迷惑をかけてばかりで…」とお袋が言う

「いえいえ、じゃ鳥羽君、一応学校の方は体が治るまでのあいだ、 女子生徒として通える様なっているから、ちゃんと登校するんだよ」

と担任はそう言うと部屋から出ていった。

「え?制服って…」

「決まっているだろう、まさかその身体で学生服を着て学校には行けないだろう」

そういわれた瞬間、女子のセーラー服が俺の脳裏に浮かんだ。

「いやだ!!、セーラー服は絶対に着ないぞ」

「校則では女子の制服はセーラー服に決まっているんだろう?校則は守らなきゃぁ」

「ぐっ…………くっそぉ〜、親父てめぇ」

俺は親父をにらんだが、親父の顔は笑っている。

結局、その日は借りた身体とのシンクロ率にまだばらつきがあると言う理由で 一日様子を見ることになった。

翌日、俺の本体は入院したままの状態で俺は退院した。

が、退院に当たってお袋が持ってきた着替えの服を俺は見て仰天した。

それは…薄いピンク色の生地にリボンやらレースをあしらった、

そぅ俗に「ピンクハウス」と呼ばれるフリフリの衣装だった。

「ぬわんじゃぁ〜コレは…」

「祐介ったら、そんな大声を出すんじゃぁありません」

「お医者様からも感情を高ぶらせてはいけない。って言われているでしょう」

「わかっているけど、こんなもん着られるかよぉ…」

「しょうがないでしょう、お父さんが探し回ってやっと買ってきた服なんだから、おとなしく着なさい。」

また、親父か〜

「それに、そもそもこうなったのは、あたし達の反対を無視して、バイクを買って事故を起こした祐介が悪いんだからね。」

ぐっ、痛いところを突かれた。

仕方が無く俺はピンクハウスを着ようとしたとき、

「ちょっと待った、祐介、その前にコレを着る。」と言ってお袋が渡したのは

ブラジャーとパンティだった。

「いくら借り物と言っても、女の子なんだから、ちゃんとしなくっちゃダメ」

「………」

俺は仕方なくパンティを履き、お袋に教えられながらブラをつけた。

なんだか胸の周りがギュと締め付けられて緊張感が走る。

それから、フリフリのピンクハウスを着た。

「へぇ…なかなか可愛いじゃない。」とお袋が感心すると、

「ちょっとそこに座りなさい。」と言って俺を座らせると

櫛で髪をとかし始め、そして髪を三つ編みに編み始めた。

「ちょっちょとお袋…」と言うと

「事故でお父さんに迷惑を掛けたんだから、少しぐらいお父さんを喜ばせて上げなさい」

そう言われると、俺は何も言えなかった。

「よし、出来た。」

と言って鏡に映った俺に姿はフリフリの衣装を着て、三つ編みのお下げ髪に赤いリボンが可愛らしく飾っている少女の姿だった。

「うわぁぁぁ」

親父の舞い踊る姿が目に浮かぶぞ、これは…

俺は呆然と自分の姿を眺めた。

「さて、行きましょうか」お袋の一言で俺は退院した。

病院から自宅まではタクシーだったので他人には見られずにすんでほっとしたけど。

いざ、家に帰って玄関のドアを開けようとしたとき。

「お帰りぃ、ゆうちゃん」と言って親父がドアを開けた。

ゆっ、ゆうちゃん?

「おぉ、すっかり可愛くなって…パパは嬉しいぞぉ」

パパだぁ?

「さっ、ママ、何をボっとしているんだい、スグに記念写真を撮とらなくっちゃ。」

と言って自慢の一眼レフタイプの高級デジタルカメラをセットし始めた。

「はいっチーズ」と、俺の姿を写真に収めると、

親父はすぐさま書斎へと引き上げて行くとパソコンを立ち上げて、画像処理を始めた。

「なっ、なにをしているんですか?」

「ん、決まっているじゃないか、ゆうちゃんの可愛い姿を壁紙にするんだよ」

うわぁぁ〜、親父それだけはやめてくれぇ……


そのあと親父にさんざん引きずり回された後、俺は自分の部屋のドア開けると絶句した。

ドアを開けた俺に目に飛び込んだのは、まさに少女趣味最大出力全力投入をした部屋だった…

「あははは…」

俺はベッドの上に置かれている大きなクマのヌイグルミに寄りかかるように へたり込んだ…

しばらくして親父が部屋に来ると

「ゆうちゃん、どうだい、パパが丹誠込めてドレスアップした部屋は、気に入ってくれたかな?」

「おっ、親父ぃ…」

「俺に部屋を…俺の部屋を元にもどせっ」と怒鳴ると、

「だめだよ、ゆうちゃん、女の子が「俺」なんてはしたないコトを言っては…」

「それに…事故を起こしたのは、何処の誰かなぁ…」と付け加えた。

俺が反論できなくなると、

「そうそう、学校の制服はクロゼットの中だからね」と言って部屋から出ていった。


「どっ、何処で…こうなったんだ…」

その時、あの憎たらしい顔をしたブチネコの顔が脳裏をよぎった…

「あんのぉ、ネコめぇ…今度見つけたら半殺しにしてやるぅ」

クマのヌイグルミを抱きしめながら俺は叫んだ。


緊張の夕食のあと、俺は疲れた身体を湯船の中に沈めていた。

「へぇ……女の子の身体って…柔らかいモノなんだなぁ…」

短期間に様々なことが一度に起こったので、俺はまだ自分の新しい身体を じっくりと観察する暇がなかったが、

今にも折れてしまいそうな華奢な身体をしげしげと眺めると、 「大切に使わなきゃな…」っと思った。


翌日、クロゼットを開けた俺の目の前に一着のセーラー服が揺れていた。

「はぁ…」再びため息をついて、俺はセーラー服を見る。

今日から女子生徒だなんて…学校の連中の反応を考えるだけで気が重くなる

「ひと月もすれば俺は男に戻れるんだ、それまでのガマン…」

そう自分に言い聞かせると俺は覚悟を決めてセーラー服に袖を通した…

しかし、なんだか2度と元の世界に戻れないようなそんな予感がした。


そのとき階下の居間では、父親とテーブルを挟んで一人の少女が話し込んでいた。

「ところで、お嬢さん、どんな悩みでも解決していただけると聞きましたが、 どんな悩みも…ですか?」

「はいっ」父親の前に座っている少女が微笑む。

「実は……」



あとがき


ども、KAZEです。

とうとう華代ちゃんから、もう一つシェアワールドである「RENTAL BODY」の世界に手を出してしまいました。
(TWO−BITさん、「RENTAL BODY」の世界を汚してしまってゴメンなさい)

さて、今回のお話は”みっしんぐ”さまの「何で俺が…」をみて浮かんだイメージ と、TWO−BITさんの「RENTAL BODY」を組み合わせてみましたが 如何でしたでしょうか?

えっ?、華代ちゃんが居たって?、さぁ〜どーでしょうか…(笑)


あとがき その2


八重洲さまに送った後、どうも話が薄っぺらいなぁ〜と思って あっちこっち弄っていたら、

ことぶきさまの「強襲!! ピンクハウス」をも巻き込んだ 大仕掛けの話になってしまいました。(どーも、すみません)

では


戻る

□ 感想はこちらに □