戻る

ミラーリングシリーズ

ミラーリング基礎設定

ことぶきひかる&NDCセキュリティサービス

協力:ギルド開拓師団


ミラーリングシリーズは、今回、私ことぶきひかるが、開放された共通設定世界として、提案するものです。
基本的には、「ミラーリング」と呼ばれる、個人への変身を可能とするアイテムを中心にした設定となっています。
尚、今回、共通設定世界を定めるにあたり、その特徴と有効性必要性として、以下のことを考慮してあります。

1.アイテムによる変身
変身システムを指輪というアイテムに任せることで、変身させたい人間に対して、血筋や特殊能力、状況に、こだわらずに済みます。
これにより、様々な人物を変身させることが可能であり、その舞台や背景も、自由に決めることができます。
また、指輪という持ち運びしやすいアイテムにより、自由な変身が可能な上、紛失した弾みに、想いも寄らぬ人間が変身してしまうなどといったトラブルも起こしやすくなります。
また、指輪という小さなアイテムにより、変身後の衣服の選択に関して大きな制限をうけません。

2.変身手順の簡素化
指輪をはめれば変身できるという、複雑な手順や儀式を排除した方式により、自分の意志により変身、他人の陰謀、偶発的な事故と変身する経過をストりーの必要性に応じて、選択することが可能です。
また、どのような状況下でも変身可能というメリットそして偶発的事故のよる変身という演出が可能になっています。

3.既存人物への変身
ミラーリングは、あくまでも、誰か個人に変身するためのアイテムです。
このため、変身後は、その姿に相応しい行動をとることを強いられたり、またその姿により誤解を受けたりと、萌えを追求し演出するためのシチュエーションを起こしやすくなります。
また、必要に応じて、様々なタイプの人間に変身させることができます。
誰の姿にでも変身可能なことから、逆に、事故により予想外の人物になってしまうことも考えられます。
また、複数の装着者により、疑似入れ替わりを発生させることも可能になっています。

4.回復性
基本的には、効果時間があり、元の姿に戻れることが前提となっています。
このため、一応、元に戻ってハッピーエンドという形をとりやすくなっています。
尚、元に戻れなくする方法もあるので、そういったオチを期待している方にも、対応可能です、

5.変身のレベル設定
ミラーリングは、コピーする程度に応じてレベルが存在し、肉体だけ、衣服、そして記憶までと、設定してあります。
このことにより、必要に応じて、登場させるリングのレベルを換えることで、装着者の変身レベルもまた変化させることができます。

以上が、ミラーリング世界における、特徴です。


ミラーリング共通設定
ミラーリングは、それを装着した人間を、装着後、最初に見た人間へと変身させる指輪です。
その変身の範囲によって、レベルが、ABCに分かれています。

使用方法
ミラーリングを指にはめて、最初に見た人間に変身します。
指は、手であればどれでもかまいませんが、必ず、指にはめる必要があります。
手に持っただけでは、作動しません。
装着者が、2人以上の人間を見たとき、装着者の正面にいた、もしくは、装着者が意識を向けていた人間が対象となります。
装着者が、最初に意識と視線を集中させた人物と考えてください。
また、人間以外の存在には変身はできません。
また、死体も同様です。

変身原理
不明です。
おそらく、魔法のような不可思議な力・・・によるものと想われます。
ナノマシンによるもの・・・という考え方もできますが、ナノマシン自体、ある意味、魔法みたいなもんです。

変身課程
変身は、10秒前後かかります。
モーフィングのように、変化していくと想ってください。
この課程で、装着者は、自分の肉体が変わっていく感触をある程度実感します。
(胸が膨らむ。髪が伸びる。ズボンがずり落ちる。腕が細くなる。など)

ミラーリングの外見
見た目は、銀色の指輪で、まったく彫刻などのないシンプルな形状をしています。
表面は、まさに鏡のように磨かれており、意図的に汚そうとしないかぎり、これが曇ったりすることはありません。

入手方法
製造元販売元は、その一切が不明です。
このため、ここでいけば、手に入るというものではありません。
歩道のアクセサリ売り、縁日の景品、玩具屋、質流れ、怪しいインターネット通販などで、そうと知らずに購入してしまうと言う形になるでしょう。

説明書の付属
なぜか、ミラーリングには、必ず取扱説明書が付属します。
これは、付属すると言うより、ミラーリングそのものに、説明書を引き寄せるもしくは生み出す力が備わっていると考えてください。

変身後の肉体状況
基本的には、オリジナルの現在の状況が反映されます。
病気や怪我は、そのままコピーされ、疲労や睡眠不足なども同様です。
また、傷痕なども、コピーされます。

変身解除
ミラーリングは、個々に、効果時間が決まっており(通常は24時間)、その時間を過ぎると、指輪は抜け落ち、装着者は、元の姿に戻ります。
尚、この際、指輪が抜けないように、手を握ったり、指輪を、縛っても、強制的に指輪は抜け落ちます。
指輪をはめ直せば、再び変身は可能で、連続した変身も可能です。
効果時間中は、指輪を外すことはできません。
また、変身中は、その体に合わせて、指輪のサイズは変化します。

肉体の損傷
変身時に、その肉体に、なんらかの損傷を受けた場合、ミラーリングの効果時間が過ぎ、元の姿に戻ると、傷などは全て回復しています。
ただし、本来の姿で負っていた怪我などは、そのままです。
また、変身時にたまった肉体の疲労は、回復しません。
本来の肉体の状況によっては、この疲労が命取りになることもあるでしょう。
例外として、死亡およびミラーリング装着部の損傷があげられます。

変身中の成長と変身解除後の反映
変身中、勉強、訓練など様々な経験をすれば、装着者は、それに伴い、成長します。
これは、変身解除後の肉体にも反映されますが、身体能力の差によっては、その成長が、反映されない場合があります。

死亡に関して
変身時に死亡した場合、装着者そのものの死となってしまうため、ミラーリングの効果時間が過ぎた後、死亡した状態の元の姿になります。
危篤に陥っている人間に変身した場合などは、注意が必要といえます。

ミラーリング装着部の損傷
ミラーリングを損着した指およびその手、腕が、大きな怪我などにより切断されてしまった場合、装着者は、元の姿に戻れなくなります。
もちろん、切断された肉体も回復しません。

ミラーリングの破損
ミラーリングは、かなりの強度を持っていますが、充分な金属加工能力のある工場などなら、切断したりする事も可能です。
尚、装着状態にあるミラーリングを破壊した場合、装着者は、元の姿に戻れなくなります。

重複効果の無効化
ミラーリングを、一度に2つ以上装着しても、効果が現れるのは、最初につけた1つだけです。
同時に、2つ装着した場合、うち1つだけが作動します。

同一人物への複数の装着者の変身
ミラーリングで変身した姿を元に、別の人間が、その姿から、ミラーリングで変身することが可能です。
また、複数の装着者が、同じ人物をみれば、全員が同じ姿になります。

2人以上の人間が、同時にミラーリングを装着し、相手を見合うことで、互いに相手に変身することができます。
いわば、入れ替わりのような変身が可能です。
充分な下準備をすれば、複数の人間が、ずれ込むような変身も可能です。


特殊な例

オリジナルが以下の条件の場合、変身できなかったり、変身に制限が生じます。

死亡/仮死状態/脳死状態
変身はできません。

妊婦
妊娠していない状態の姿へと変身します。
これは、胎児を別人物と判断するためです。

薬物などの中毒状態にある場合
変身できません。

睡眠中
変身できますが、変身直後は、いわゆる目が覚めたばかりの寝起きの状態になります。
このため、オリジナルが低血圧など、寝起きの悪いタイプだった場合、その影響を受けることになります。
また、オリジナルが徹夜明けなど寝不足状態だった場合、精神的にも肉体的にも、かなりひどいことになるでしょう。


ミラーリングレベルの説明

以下に、各レベルごとのミラーリングの性能と特性を説明します。
尚、ABCの順にレベルが高く、高いレベルは、下位レベルの能力も兼ね備えていると想ってください。


ミラーリングCレベル

もっとも、基本的なミラーリングで、装着者は、オリジナルの肉体をコピーします。
外見は、オリジナルと全く同じで見分けがつきません。
基本的には、衣服は、下着も含めて、コピーされません。

このため、オリジナルと装着者とで、体格差がありすぎた場合、ちょっと困ったことになるかも知れません。
髪型も、コピーされますが、アクセサリなどは、コピーされませんので、ポニーテールやお団子は、髪を下ろした状態になります。
尚、差し歯など、いわば肉体と一部となっているようなものはコピーされます。

変身後、装着者は、コピーした身体の肉体能力も得ることになります。
たとえば、ボディビルダーなら、相当の力持ちになれますし、新体操の選手なら、かなりの柔軟性のある身体になることでしょう。
ただし、専門の知識や経験を必要とする行動をとることは、不可能です。
たとえば、金槌の人間が、水泳選手の身体をコピーしても、泳ぐことそのものができなかったり、ぼろぼろのタイムしか出せません。
ですが、体が覚えているということもありますので、反射的行動に関しては、オリジナルの能力を発揮できる場合もあるでしょう。
逆に、往年の名選手が、若手の選手に変身した場合、老練な知識と経験に、若く屈強な肉体と、鬼に金棒となる場合も考えられます。

また、コピーが常にプラスの方向になるわけではなく、若者が赤ん坊や老人に変身した場合、本来より、肉体能力は低下することになるでしょう。


ミラーリングBレベル

Bレベルでは、肉体だけはなく、オリジナルの身につけていた衣服やアクセサリもコピーされます。
衣服はもちろん、眼鏡やアクセサリーなどオリジナルの身につけているものの大半が、コピーされます。
ただし、手に持っているものや、身につけているとはいえ、明らかに大きすぎるものは、コピーから除外されます。
ハンドバックくらいなら、コピーされますが、旅行用の大型鞄など、片手でもてないものなどは除外されます。
また、基本的に、生物は、コピーされません。
コピーされた衣服やアクセサリは、オリジナルに忠実な形で復元されます。
ブランド品であろうと、貴金属であろうと関係ありません。

変身解除後の衣服及び装着物に関して
装着者が、元の姿に戻ると同時に、その時、コピーされた衣服や装着物は、本来の衣服に戻るか、消滅します。
装着者が、他の服などに着替えても、同じ事になります。
着替えた別の服はミラーリングの影響を受けていないため、装着者が元の姿に戻っても、そのままです。


ミラーリングAレベル

Aレベルでは肉体及び衣服は、もちろん、その記憶の一部さえもコピーします。
変身後の人格や性格などは、あくまでも、装着者のものですが、コピーされた記憶や経験の影響を受けるため、本来とは、やや異なる性格になってしまう場合があります。
記憶や経験がコピーされることで、オリジナルの能力を、ほぼ完全に発揮することが可能です。
ただし、精神的な強さまではコピーされませんので、持久力や耐久力を要求される行為には、制限が出てくるでしょう。
また、装着者が引き出せる記憶は、オリジナルが、特に意識しなくても、思い出せる内容に限定されます。
オリジナルが、忘れてしまったりした記憶は、それなりの手順を踏まないことには、思い出せないでしょう。

変身解除後、オリジナルからコピーされた記憶は、装着者が意図的に記憶しておこうと想ったもの除き、その大半が消滅します。
また、専門的な知識は、それだけでは成り立たないものが多いため、ごく一部を覚えていても、あまり役には立たないことになります。


特殊ミラーリングについて

上記のABCレベルの他に、特殊な変身を前提にしたミラーリングが、いくつか存在します。

SFタイプ
オリジナルの姿に、完全に変身するのではなく、オリジナルの身体に、装着者の特徴が加わることになります。
他人にしてはよく似てるという容姿になります。
男女の変身の場合、両性具有ではなく、オリジナル側の性別がベースになります。
肉体能力は、平均化されます。

ASタイプ
肉体年齢の設定が固定されているタイプで、オリジナルの人間の、その年齢の肉体に変身します。
設定が20歳だった場合、オリジナルが、何歳であっても、20歳の肉体年齢となります。
オリジナルの年齢が、その設定と変わらなかった/あまり違わなかった場合は意味がありません。


以上が、ミラーリングの基本的な設定です。
特殊ミラーリングの例があるように、他にも、部分コピーや、能力が変わらない外見のみのコピー、人格までも変わってしまうなどの、特例があってもいいと思います。
また、効果時間も、24時間に限定せず、もっと長くしてみたり、逆に短くしてもかまいません。

尚、上記の設定は、非営利非商業目的で使用する分に関しては、一切、自由に、ご使用いただいて結構です。
一応、設定そのものの著作権は、私ことぶきひかるに帰属します。
これは、なにかあった際の責任所在をはっきりとさせるための処置です。
共通設定を用いて書かれた作品に関しては、その著作権は、基本的に執筆者に帰属します。

ミラーリングの設定に関する質問は、なるべくメールにてお願いします。

1999年9月
ことぶきひかる&NDCセキュリティサービス
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ndcss/


ndcss@mtd.biglobe.ne.jp

 

 

 

戻る


□ 感想はこちらに □