戻る

2月14日。
日本人にとって最大のイベントとも言える日、それがバレンタインだ。
チョコレートの数で男の価値が決まる。
毎年数が乏しい俺は価値なしということになる。
ならどうすればいいのか?
頼めばいいじゃないか!
“チョコレートをくれ”と。
この時の俺は、それが正しいと思っていた。




チョコくださいっ!!
作:おれんじじゅ〜ちゅ

俺の名前は真田幸(さなだ こう)。
どこにでもいるフツーの高校2年生だ。
成績フツー、スポーツフツー、容姿フツー、友人関係フツー…
とにかくフツーの男だ。
悲しいことに恋愛に関してはフツーではなく、最悪だった。
とにかくモテない!!
いったい何が原因なのだろうか?
わかんねぇ…



バレンタイン一週間前、俺は知り合いの女子全てに声をかけていた。
「我妻、チョコくれ!」
「は?」
行ってしまった…
おっと、次の女だ。
「佐藤、チョコくれ」
「…」
「無言で去っていくな!」
「…」
行ってしまった…
くそぉ…
「鈴木〜」
「嫌…」
「おぅ…」
言う前から断れてしまった…


そんなこんなで一週間、声をかけまくったが誰も“イエス”とは言ってくれなった。


「あぁ…チョコ欲しい…」
「お前そればっかな…」
俺は机に突っ伏しながら呟いた。
呆れた様子で返す親友。
「だってよぉ…」
「無理なもんは無理だろ…」
「いいよな〜陸斗は…もらったんだろ?」
「…まぁ」
「裏切り者〜!!」
「裏切ってねぇよ!!」
「だって…バレンタインのチョコの数は男の価値を決めんだぜ?」
「間違ってるぞ…」
「うるさい!とにかく俺は女の子からのチョコが欲しいの!」
「やれやれ…」
陸斗は呆れたという顔で俺を見ていた。
てか、やれやれって言ってるし!
「あのさ…お前言ってる割には机の中とか見てないよな?」
「そうだっけ?まぁいい、見てみよう」
俺は机の仲を探ってみる。

ゴソゴソ

ゴソゴソ

あれ?なんか入ってる!?
「中に入ってる…」
「マジ!?」
「マジ…」
取り出して机に置いてみると可愛くラッピングされたハート型のチョコレートが出てきた。
「おいおいおい!」
「も、もらえた…」
思わず涙が少し出てしまう。
「じゅるり…」
変な音がした。
まるで舌なめずりをするような…
「ふふ…」
後ろから小さく笑う声が聞こえる。
まさかまさかまさかまさかまさか!?
振り返ってみると
「うふふ」
後ろの席の榊くんが不敵な笑みを浮かべていた。
「どんまい…」


昼休み…
俺は結局ひとつももらえないまま一日の半分を終わらせていた。
「あぁ…」
「お前も災難だな…」
「そう思うなら助けてくれても良かっただろ…」

あの後俺は榊くんに追い回された。
便所に行けば必ずついてきて隣に立っている。
そして俺のブツを凝視してくるのだ。
「な、なんだ?」
「でゅふふ…」


時が経つのは早いもので、気が付けば放課後になっていた。
「もらえなかった…」
「…俺、お前がかわいそうになってきた」
憐れむような目で俺を見る陸斗。
「もういい…帰るわ」
「あいよ…」
俺たちは荷物をまとめ、教室を後にした。


夜、俺は小腹がすいたので榊くんがくれたチョコを食べた。
何もないことを祈る…。



「好きです!」
女の声がした。
だがそれは自分から発せられたものだとすぐに気がつく。
てか何で告白?
「好きです!受け取ってください!!」
また発せられた女の声。
そして、勝手に動く腕。
男にチョコを差し出す。
そこでようやく気づいた。
俺の意思では体が動かせないのだ。
自分が女で男に告白なんて冗談じゃねぇ…
つか相手は誰だよ?
「嬉しいよ」
男の声が聞こえる。
「…」
「俺も好きです」
「本当に!?ありがとう“榊くん”」



「さかきぃいいいいいいいいい!?」
ガバ!!
ひどい夢だった…。
まさか告白の相手が榊くんとは…。
あれか?
榊くんにもらったチョコをくったからか?
だとしたら榊くんすげぇな…

とりあえず、俺は着替えることにした。
壁にかかっているセーラー服を慣れた手つきで着ていく。
そして、鏡でどこか変なところがないかチェックを入れる。
「うふ♪」


っておかしいだろ!!俺は男のはず…
なんで女になってんだ!?
わけもわからないまま俺は支度を済ませ、学校へ向かった。


「よう幸」
「ああ…陸斗か」
「なんだやつれてんな…」
「朝からいろいろあってな…変な夢とか」
「変な夢?」
不思議そうな顔をする陸斗。
「榊くんに告白してチョコ渡す夢」
「…」
「…」
「…」
「…」
「てぃひ♪」
背中がゾクリとする。
「…頑張れ」
「親指立てんのやめて!」
思わずツッコミをいてしまう。
キモいわ!!


昼休み…
「陸斗、飯〜」
「あいよ」
俺は弁当を机の上に置いた。
「相変わらずうまそうな弁当だな…」
「そうだろうそうだろう♪」
実は俺は料理が趣味で毎日自分で弁当を作っているのだ。
ふふんと鼻を鳴らしてみる。
陸斗の弁当を見てみる。
弁当…というかアンパン一つだった。
「哀れな…」
「うるせぇよ!」
かわいそうなので卵焼きを一つくれてやった。
「幸さま〜(はぁと)」
抱きついてくる陸斗。
「キモ!」
「ストレートすぎるわ!!」

もぐもぐ

もぐもぐ

「…」
「…」
無言で食べる俺たち。
しびれを切らしたのか、陸斗がついに口を開いた。
「あのさ…お前、女だったっけ?」
「は?」
「いや、だから…お前男じゃなかった?」
「今更? 今更この格好に気づいたのかよ!!」
「…モロッコいった?」
「行ってねぇよ! つか朝目覚めたらこうなってたんだよ!!」
「ふ〜ん…」
「何そのリアクション! お前が聞いてきたんじゃねぇかよ!」
はぁはぁはぁ…疲れるぜ
「ま、頑張れ…」
「適当だなオイ!」
本日何度目かわからないツッコミをいれた。
それからしばらくして俺は突然立ち上がった。
「なんだよ、いきなり?」
不思議そうにする陸斗。
「わかんね…急に」
体が勝手に動き出した。
自分の意思では止められない。
まるで、あの夢と同じようだ。
待て? あの夢と同じなら…
この後俺は榊くんに…






「ってなんてものを書いてやがんだテメェ!」
「いや、榊くんに幸あれ…と思って♪」
「ふざけんなよ!」
ふざけた小説を書いている陸斗を軽く殴る。
「いってぇな〜」
「お前が悪い」
「へいへい」
陸斗の書きかけの糞小説にすっかり感情移入してしまった俺は読み終わったとき、つい体を確かめてしまった。
変わってないからな?
男のままだから!
「悪かったよ…」
「…もういい」
寛大な俺は許してやることにした。

そうこうしているうちに鐘がなった。
「やべっ!教科書出してなかった…」
急いで机の中から教科書を取り出す。
その際、何かが床に転がった。
「あ?」
拾い上げてみるとそれはハートの形をしたチョコレートだった。
おいおい…
「マジで?」
「マジ…」
二人で顔を見合わせる。
「でゅふふ…」
振り返ると、不敵な笑みを浮かべた榊くんがいた。



                おわり



●あとがき●
皆さん、お久しぶりです。おれんじじゅ〜ちゅです。
バレンタインデーは過ぎてしまいましたがバレンタインネタでふっとインスピレーションが湧いたので書いてみました。
皆さんはどうでしょう?チョコレートは貰えました?
私は一個でした…。
なので、自作自演をすることに…
きゃ! 恥ずかしい…

虚しいです…

というわけで、今回はこのくらいで…
お読みいただきありがとうございました。


戻る

□ 感想はこちらに □