イインジャー      By  Blue - μ
  第5回

そのあいだに、『グリーン』はどうなったのだろう??
さあ…それは、わからなかった。(ぉぃ!!!!)
たぶん、生きていることと…、思いますが????
まあ…その話は、さておき…。
(話しふっといてそれかい。)

数日後、禿頭の大河原院長が戻ってきた。
(禿頭は、つけんでいいいんじゃーーー。
と、いわれそうである。)

が…傍らにいたのは、『グリーン』ではなく、
どことなく、一文字○人(仮面○イダー2号)似の、男であった。
「ずいぶんと、またせたようじゃな…。
こいつが『ブルー』じゃ…。」
これで、再び5人そろったのう…。ほっほっほっ…。」
怪しい声が、どこまでも響き渡った。

「ほっほっほっ…『グリーン』を、
別のやつから脳移植しようかと、
思ったんじゃが…あまりにも大変そうじゃったから、
別のやつを改造してやったわい…。
どうしようかと、思っていたら、
身近にいいやつがおったからのぅ。
よくみると、こいつも、
ヒーローの顔しとったもんじゃて…。」

ん??そういえば、親衛隊の男が一人いない??
いつも、禿頭の大河原院長の横に、
ぴたっとへばりついていた男が、
一人いなくなっている。
そして、サングラスかけていないから、
気がつかなかったが、
よくよくみると、一文字○人似の男は、
背格好がいなくなった男とそっくりなのである。

まっまさか…仲間だった男まで、改造してしまうのか。
そしてそのことに、誰も意義申し立てしないのか??

この親衛隊の男たちは、
仲間の改造に、動じようともしていない。
身も心も、この大河原院長にささげているのか??
いや、こいつらだって、
きっと、あのヒーロー洗脳ヘッドホンで、
洗脳されているに、ちがいなかろう…。
だから、黙っているというのか?

ヒーロー協会の認可を得るため、
無理やり男だったものを女に性転換させたり、
服従させるためにリモコンであやつったり、
洗脳したりというのは、
いうまでもなく、完全に違法である。
ヒーロー関連の法律では、
「ヒーローを肉体改造するときは、正常な意識のもと、
本人の同意を必要とする。」とあるのだ。
これに違反すると、認定を剥奪されて、
援助金の没収・返還、さらに最悪の場合、
「悪の組織認定」もありうるのだ。

悪の組織に認定されたら、
本来なら、他のヒーローに攻撃され、
あるいは殺されても、
文句一ついえなくなるのである。

モモは十分に証拠を握った。

…しかし…ヒーロー協会に逃げ込まないで、
戦うことを決意している。なぜか。

それは、現在ヒーロー協会に申請している団体が、
ここしかいないからである。
(なんてこったい。)

他のヒーローが、いないのである。
へたしたら、逃げたって、追いかけられ、
やっつけられる可能性が十分あったからだ。

『グリーン』が捕まって、
(あるいは、もはや抹殺されたか??)
菊太郎とモモVS『レッド』『ブラック』そして、
どう見ても、敵である『ブルー』と戦うことはできない。
勝てる相手とはとても思えなかった。

「キーちゃん…いや、『イエロー』ちゃんっ。
こっちへおいでーーーー。」
菊太郎は、禿頭の大河原院長にすりすりされた。
とても気持ちが悪かった。
(こっこのやろう…)と思ったが、
モモが首を横に振っている。
おまけに…、
「ムッ…(わたしのほうが、絶対いろっぽいのに…)。」
という、モモからの無意識な『嫉妬光線』は、もっと怖かった。

しかたなく、「あーー…総統閣下…うれしいですー。」
と…かわいい声で返事するしかなかった。

とても、不幸な?菊太郎であった。

このまま、この大河原院長をやっつけようか…。
しかし、相手のことがよくわからないうちは、
とても危険である。

「キーちゃん…君はかわいいねぇ…。
やっぱり、看護婦や他の患者さん改造するより、
うんとかわいくなったわい…うん。
わしの目に狂いはなかったわい…ほっほっほっほ。」
(ちなみに、看護婦さんとは言わず、
今は看護師さんといいますが、
院長は古い人です。すみませんが、
我慢してください。)

Σ( ̄口 ̄;)え??

菊太郎はショックだった。
男4人では申請が通らなかったから、
そして、普通の女性じゃ、
『条件』にあうものが、いなかったから、
しかたなく、女に性転換改造されたものと思っていたのに。
もしかしたら、最初から俺を狙っていたのでは??
かわいい??わしの目に狂いはなかった??
どの女性よりも菊太郎がいいのか??
ということは、TS好きとかいう、
そういう部類の人なのか??

菊太郎はなんか気分が悪くなった。
(ダメダメ…もっと愛想よくしなきゃ…。)
モモがいっそう首を横にふった。

「さーーて、5人そろったところで、
敵と戦ってもらわねばのう…。
じつはのぅ。敵とは隣の5丁目に住んでいる、
悪の組織『第794代ショッカー』じゃ。
滅んでも滅んでも、ショッカーという名は、
悪のあこがれらしくてのう…。
勝手にいろんなやつが名乗っているだけなんじゃがの?

なに、形だけ戦ってくれればええ。
実はあいつらに裏金援助しているのは、
わしだからのぅ…ほっほっほっ
ヒーロー協会からの資金援助をもらうために、
作った組織なんじゃからの。ほっほっほっ。
そのうち、きちんとした場所で、
戦わせてあげるからのぅ…。」

なんという悪なんだ。この禿頭は!!!
敵というのは、実は自分が金儲けのために作った、
やらせの敵だったのか!!!!

モモ、そして、菊太郎は怒りがこみ上げてきた。

それにしても、悪の組織は、かつてのヒーローたちに、
ことごとくつぶされて、本当に弱体化したようである。

そして、かつてのヒーローは、引退して、
もうほとんどは、どこにいるのかわからないらしい…。
そして身近にいたとしても…正義を守った代償として、
体はズタボロだろう…。

え??ヒーローはいるじゃんって??
マ○レンジャーもいるし、
そのあとの、仮面ラ○ダー「○鬼」だって、
いるんじゃないかって??
毎週いつも見てるけどって??(見ているんかい。)
あれは、テレビのお話だから、ごっちゃにしないように。
(ぉぃぉぃぉぃっーーーー。)

話を元に戻そう。
モモそして、菊太郎は、
自分たちでこの敵…院長たちをやっつけなければ、
ならないと、強く思うのであった。
どれだけ、『アフター5』いい待遇してくれても、
やっぱ、全体的に考えれば、
許されない、行為なのだから。

が…当面は、院長たちの仲間のふりして、
第794代ショッカーと戦わなくてはいけないのだ。
いったいどうなる??

ここで、第794代ショッカーとは、
どんなものか話をしておこう。

もともと、悪の評議会と言う、
反政府の闇の団体があって、
ここが「悪の組織」と、ある組織を認定すれば、
援助金を出して、活動を助けるのだが、

それと同時に、
「悪の組織」と認定された、組織に対しては、
ヒーロー協会も「攻撃対象」とみなし、
結局はヒーローに滅ぼされてしまっていたので、
組織を立ち上げても、弱い組織だと、
援助金をもらっても、リスクが大きいのであった。

しかし、「正義のこころざし」をもつものがいる反面、
「悪のこころざし」をもつものがいて、
滅ぼされても、滅ぼされても懲りずに、
何かを夢見てだろうか??
やけくそなんだろうか??
次々と組織が生まれるのである。

その名前も、オリジナルがいる反面、
○代ショッカーとか、○代デストロンとか、
○代黒十字軍とか、○代しねしね団とか、
かつて強かった悪に、
あやかっている組織も多いのである。

なんと言っても、
ショッカーという名前は人気があるので、
今度の組織で第794代なのである。

しかし、実態はきわめて弱い。
次々と滅ぼされた組織はどれもたいしたことなくて、
ヒーローが全員引退したあとは、
「ヒーロー協会」も、
協会員だけじゃどうしようもなくて、
警察が相手をしていた。

だが、警察ですら、打ち合いたくないくらい、
「悪の組織」も、すっかり弱体化してしまい、
最後には、刑事事件にすらならないような、
ただ迷惑なだけの団体も多く、
第481代ショッカーなんかは、
失恋した、近所のお姉さんのストレス解消代わりに、
滅ぼされたのである。(情けないですねーー。)

というか、こうして考えてみると、
悪がたいしたことなくなったので、
ヒーローも生まれなかったのかもしれない。

そして、悪の評議会のメンバー自身も、
警察に捕まりたくないので、
目だたぬよう、目立たぬよう、
闇で活動していたので、
捕まったメンバーを助けたりなどと、
言う行為はなく、
そういうメンバーは、ただ切り捨てられるだけであった。

悪の評議会は、表立った活動はしない。
捕まるやつなどいない。
しかし、裏切り者だけは、牙をむくという、
うわさがあったのだが…、実態はそれこそ、闇である。

第794代ショッカーは、もともとは、
ぷーたろーが3人、
コンビニの駐車場の、車ストッパーの上で、
「おいらたち、ショッカーとでも、名乗っちゃおうか?」
と、言ったところを、たまたま買い物にきていた、
悪の評議会のメンバーが認めたのである。
「君達が、きちんと活動したときは、
資金援助してあげよう。」
「おっおっちゃん、のりがいいねぇ…いえーーい。
おれたちは、ショッカーだぜえ」
…お酒も少し入っていたのかもしれない??

つーか、評議会は、
こういうやつらまで、「悪の組織」として、
認定しているんかい。
そりゃ、元祖ショッカーから、
30年という年月で、『第794代』なんていうのも、
ありだよなー。
だいたい、第596代ショッカーなんていうのは、
幼稚園の、悪ガキ仲間が結成し、
同じ園の女の子をいろいろと、泣かせたあげく、
「好きだったから、いじめてたんだーい。」
と、すて台詞を残したあげく、
卒園と同時に。解散したという、
記録が残っているとかいないとか。

しかし、悪いことしようとする、
こころざしを持ったものに、支援しようという、
内規に照らし合わせて、幼稚園児だって、
「悪の組織」として、認定したらしいのだ。
もっとも、援助金は、内容に応じてだから、
たいしたことはなくて、
チョコレートやアイスクリームに消えたらしいのだが。

なんちゅー組織…いや、そういう者まで認定するとは、
なんちゅー評議会なんだ。
というか、そこまできたら、なんというか、
「悪いこと、する人に、金あげちゃおう。」
というだけの、ただの道楽だわな。

で…、第794代ショッカーも
当然冗談で作った??組織なので、
活動などまるでしていなかったし、
ヒーロー協会や警察も、まったく無視していたのだが、
なぞの首領が現れてから、
この組織は久しぶりに??
骨のある団体となるのである。

「えーーと、第794代ショッカー…。
住所は??
セ○ン○レ○ン○○町5丁目店と、おっほっほ。
ここじゃここじゃ、悪の評議会から聞いてきた住所は。
おおったぶんあいつらじゃ…。おーい、そこの3人。
キミたちか。ショッカーというのは??」

「ん??なんだ??
禿頭のおっさん。おう。俺たちがたしかに、ショッカーだ。」
3人の一人が、尋ねてきた人に、
少し切れたような??からかうような??声で答えた。
「んだよ??俺たちになにかようなんかよーー。」

しかし、その人物は若者の脅し???
にまるで動じていなかった。

「そうかそうか。キミ達なんじゃな。
今から、すばらしい力を与えてあげよう。
ほっほっほっ。それーー。おとなしくするんじゃー。」
「わーーーーーーーーーーーーーーーーー。」

その禿頭の謎の人物は、
麻酔銃を3人に放った。
3人はバタンと倒れて、
謎の人物の、親衛隊???らしき者たちによって、
どこかへ連れ去られた。

うーーん。
気がついたら、3人は、どこかの部屋にいて、
なんかとてつもない、
変な生物に改造されていた。

「おお、気がついたかのう。3人。」
部屋の真中に、鷲みたいなマークが飾ってあって、
マークの真中に、赤いランプがともって、
そこから声が聞こえていた。

「わーーーーなんだ。お前は。」
「おれだよ。マッキーだよ。という、お前はだれだよ。」
「サッキーだよ。って、
お前こそなんだよ。まるで怪人じゃん。」
「まあまあ。」
「おまえこそだれだよ。ゴキブリみたいなやつ。」
「何言ってるんだ。俺だよタッキーだよ。」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

あわれ、3人はこれからどうなるのであろう。

さて、菊太郎…いや、
もうキーちゃんと呼んであげようか。
以降、特別なことがない限り、
そう呼ぶことにしてあげよう。

で…、キーちゃんたちは、次なる『特訓』が待っていた。
5人そろって、ポーズをつけて、
そして『変身』しなくてはいけないのだ。

「おれたちがヒーローだ。おれたちがヒーローだ…。」
男3人は、『特訓』の時間前の、7時ころになると、
目覚ましが、かかったかのように、
部屋から出てきて、いきなり回りだすのである。
おねぼうさんの、女2人にとって、
この声が、目覚ましになっているといっても、
過言じゃなかった。
ちなみに、『女の子たち』は、その音で起きてから、
『女の子の朝のしたく』を整えてから、
現れるのである。
男3人が、ぐるぐる回って1時間以上は、
ゆうにあるのだった。

ちなみに、『特訓』の時の服装は、
『レッド』『ブラック』『ブルー』の3人は、
今までどおり、センスのない青いジャージなのだが、
『ピンク』と『イエロー』は、
それぞれピンクと黄色のレオタードに、
レッグウォーマーという、ある意味悩ましい??
服装に今日から変わることになった。

キーちゃんのクレーム??に対して、
昨晩、大河原院長が持ってきたのが、
レオタードだったのだ。

モモもキーちゃんも、大河原院長に、
レオタード姿さらすことに、相当抵抗があった。
かといって、
運動するかわいい服=レオタード
としか、大河原院長の頭にはないだろうし…。
洗脳されたふりするためには、
これ以上文句の言いようもなかった。
「まだ、センスのない赤いジャージが、
よかったかな…。」
モモは文句言ったことを、
ちっょぴり後悔するのだった…。
キーちゃんにいたっては…着替えたものの、
ただ、もじもじするばかり…。
自分で、こういうの着るなんて、
想像もつかなかっただろうから。

「おねーさま…。はずかしいよーーー。」
「もーーっ、キーちゃんったらーー。
かわいいわよ。そして、とーーっても、似合ってるわよ。」
「ほんとうに??」
モモは「もーーーう。かわいいんだから…。」
また、ぎゅっと…抱きしめた。

モモは、自分のレオタード姿は、確かに抵抗ある。
しかし…、まあ…、
キーちゃんのかわいい姿を見ることができた…。
これは、ある意味ハッピー??だったのかもしれない…。
モモは、ちょっぴり??うれしかった。

キーちゃんも…、ふくよかな、
モモの体が大好きだった…。
「おねーさま…。」

だーーーーっ。いつまでもやっとれ。
(ナレーターなげやり)

が…スイートな『夢』は、あっさり打ち砕かれた。
足音が聞こえてきたのである。

2人は、あわてて離れて、
横でぐるぐる回っている、3人の輪に加わった。

「回るのやめーーーー。」
いつものように、大河原院長の言葉で、
ぴたっと整列するのである。

「うんうん。にあっとるぞ。キーちゃん。
やっぱ、そのほうがはるかにいいわい。」
大河原院長がやってきた。
そして、キーちゃんにすりすりしはじめた。

モモの抱きしめに対して、
大河原院長からのすりすり感覚は、
天と地の差があった…。
おまけに…「ムッ…(わたしもいるのに…)。」という、
モモからの無意識な『嫉妬光線』は…、
依然として…、なんか怖かった。
そのうえ、「総統閣下…うれしいです…。」と、
お世辞も言わなくてはいけない…。

キーちゃん…災難ですねぇ…。

「さあ、それでは、『特訓』開始といこうかのぅ…。
ほっほっほっ。」
大河原院長の合図とともに、昨日の打ち合わせどおり、
みんなが、いっせいにぴょんぴょん飛び回った。

海○剛似の『レッド』
南光○郎似の『ブラック』
そして、後から加わった一文字○人似の『ブルー』ですら、
男3人は、洗脳がきちんと効いているので、
大河原院長の指示に対しての動きは完璧である。
しかし、モモ…如月○ニー似の『ピンク』
キーちゃん…ム○シ似の性転換戦士『イエロー』は、
洗脳が効いていないので、どうしてもうまくいかない。

「ほら、そこのとこ、手の位置が違うのう。
ポーズだけはきちんときめてもらわんとのう。
ここが、きちんと決まると、
ヒーロー協会からの査定も、高くなるというものじゃが。」
(そうなのか。そうだったんだ。)

くるっと空中前転して、
手をぱっと広げるのだが、
立ち位置とか、タイミングとかとても難しいのだ。

改造人間だけあって、空中前転は造作ないことである。
しかし、『レッド』と『ブラック』と『ブルー』に、
心がシンクロしていない、『ピンク』と『イエロー』は
なかなかうまくあわないのだ。

「『ピンク』もキーちゃん…おっと、
『イエロー』は、うーーん、
ダメだのう。どうしてかのう。
もしかしたら、洗脳が効いとらんのかのう。
もう一度洗脳が必要かのう…。」

キーちゃんはギクッとした。
女性化が進んできたとはいえ、
まだまだ心は男である。
耳栓を用意できるとは限らないのだ。
こんどこそ洗脳されるに違いない。

キーちゃんは、目をうるうるさせて、
キャピキャピした声で、
大河原院長にすりすりしていった。
「総統閣下、わたしーーあの装置きらいなのーー。
一生懸命がんばるからーーーーゆるしてーーー。」
おいおい。女の子の『武器』を、
十分に使っているのだった。

「しょうがないのーーー。まっかわいいから許すかのう。
がんばるんじゃよ。」

その横では、モモが無意識に『嫉妬光線』を、
やはり…なげかけていた…。

「あと戦うシーンは、形だけでいいからな。
相手、第794代ショッカーは、
実はわしが『経営』しとるんじゃから、
本当、形だけの敵なんじゃからな。
だけど、ポーズだけは決めておくれ。
あれが決まったときのヒーロー査定は、
10ポイントプラスなんじゃから。」

大河原院長は、少しは疑いつつも、
5人とも洗脳が効いていると思っているので、
敵の第794代ショッカーも、
自分が『経営』していることを、
ペラペラと話す始末。

そうなのだ。敵の謎の首領も、この大河原院長なのだ。

って、みんな知っとるわな。

「ヒーロー協会と、悪の評議会と、
両方から援助金をもらうシステムを考え付いたわしは、
天才じゃな。
なんといっても、第794代ショッカーは、
久しぶりに、改造人間までにしてやった、
見た目は…いや、
それなりに強い本格的な敵なんじゃから。
悪の評議会からの査定は、
ものすごいもんじゃったわい。
おっほっほっほっほっ。」

からくりが、ばればれである。

『ピンク』こと、モモは、
怒りがこみ上げてきた。
しかし、ここはじっくりとチャンスを待たなければ。
あせっては負けだと、自分に言い聞かせて、
ばかばかしいポーズに、付き合うのだった。

さて、それでも『特訓』の成果があって、
ポーズはきちんと決まってきた。
次はいよいよ『変身』である。

「うむうむ。いい状況じゃ。変身は、
5人そろってぐるぐると周り、
スピードが上がると、変身できるのじゃ。
光がマックスになったとき、
『特訓』のポーズをとるのじゃ。」

そっそうだったのか。もうすでに改造されたときに、
変身のタネは埋め込まれていたのだった。

「おれたちがヒーローだ。おれたちがヒーローだ…。」
そういいながら、5人はグルグル回りだした。

今までは、ただ、だらだらと回転していただけだった。
しかし、そのスピードをどんどん上げていくと、
今までなかった光が輝き始めたのだ。

光の竜巻がぐるぐる回りだし、
そして、ピークが訪れた。

「今じゃーーー。」

そして、『特訓』のポーズである。

すると、5レン○ャーからの流れの、
あの5つのカラーの戦闘服に、
フェイスマスクが装着されているのであった。

「5人そろってぇぇぇぇぇぇぇ…。」
『レッド』が勝手に雄たけびをあげる。

しまった。モモとキーちゃんはあせった。
チームの名前を知らないのだった。
あーー。洗脳されていないことがばれる。
あせる。どうしよう。

そう思った瞬間…、
『レッド』がかたまった。

「すまんすまん。チームの名前決めてなかったのう。」
禿頭の大河原院長が、毛のない頭をぽりぽりとかいた。

「5人そろって、ゴレ○ジャーじゃ、ぱくりじゃからのう…
うーーーん。この件は考えておこう。
今日は解散じゃ…。」

大河原院長は、考え込んで去ってしまった。
『ピンク』と『イエロー』は互いの顔を見合わせた。
ほっとしたのが最初で、
互いの変身した姿を見て思わず、

「だっさーーー。」
と叫んでしまった。
あっしまった…と思ったが、
大河原院長たちはすでにいなかった。

変身は時期自然と解けて、いつもの顔に戻った。

…つづく…



…今回も??あとがき…

「おねーさま…。」
「もーーう。キーちゃんったらーー。」
「あーーーーんっ…。」
「ちょっ…ちょっとーーーーまってーーーーー。
今回も、前回と同じ展開じゃないーーーーーー。」
「え!!!!!!!でも…おねーさまとだったら…、
このまま続けても…。」
「私も…。」

…いつまでも、やっとれーーーー。

…終了…