戻る







 駅前は国道が近くにあるためなのか、交通量が多い。
 広く円状に取られたバスターミナルの前に、多くの勤め帰りの人々が集まっていた。
 正面の道路では、軽自動車、バイク、普通自動車が顔を揃えて、信号の変化を待っている。
 今また、青いストライプの走るバスが交差点へ出て行った。
 赤から移り変わった指示器を見て、電子音をBGMに、人の波が流れる。
 そうして、駅前は人や車が流れていく。

 だが、その場を動かない者もあった。
 紺一色で統一し、威圧感のある制服で固めた警察官たちである。
 犯人がはっきりと分かっているのに、未だ捕まえることができない。
 日本刀で、自分の母親を斬りつけた逃走犯は、影も形も見えなかった。
 ゆえに、随所で網を張る彼らは、一様に、焦りが見える。

「無駄なことを…」
 山伏のような格好をした男が呟いた。
 180後半の大男が、45階建て高層ビルの前に立っている。
 彼は先ほど、ホテルのチェックインを済ませてきたばかりだった。
 手には装飾された青い鞘の日本刀が握られている。
 男の名は、宗祇修次。
 先刻、所属する組織から派遣されてきた。公的には、『警察庁、特殊A課』所属である。
 目的は、異能者の捜索、確保、……そして【呪装変異】の処理。

「ふむ…」
 修次は、腕を組んで周りを見渡す。
 どうやら、目立っているようだった。
 行き交う人々が目線を合わせないように顔を伏せ、さりげなく距離をとっている。
(服装を変える必要があるか…)
 彼の姿は、体躯と相まって、伝奇の中の天狗のように見えた。
 この装束は、彼の出身地では、正装とされていた。
 それを奇異に感じる者が多いことに、少しの失望を持ったが「大した問題ではない」と歩き出す。
 とりあえず、その場を離れる必要があった。
 警察官が二人、駆け寄って来たのだ。
 仕方なく彼は、走り出し、人気のない路地裏を左に曲がった。
 そこで、人目が無いことを確認すると、すかさず、刀の鯉口を切る。

ヴヴヴゥーーーン

 耳鳴りのような音。
 同時に、群青色のまばゆい光があたりを包み、彼の姿が現世から消えた。

 警察官の二人は『逃げる者は、後ろ暗いことを隠している』という法則のもと、絶対確保の意思で路地へ飛び込む。
 だが、すでに目標がいない。
 彼らは呆然とした後、そこら中のごみ箱やダンボールを引っくり返し始めた。
 路地裏は袋小路になっていた。
 それこそ、透明人間のように姿を消すことが出来ない限り、目標がいなくなるハズがなかった。
 ――彼らは【分界】を認識できなかった。
 修次は、悠々と、群青色に染まった分界を歩く。
 そして、二人の警官の横を通るとき、軽く目を伏せるのであった。
「お前たちは、お前たちの仕事を」
 届かないことを承知で、修次は、言った。








桜と風御子の事件簿なぞ如何
第三話

作:sana








 しばらくした後、修次の姿は、カジュアルな雰囲気のジーンズショップの中にあった。
 大型デパート『DVD』。1F総合フロアの一店である。
「店主。これは、何の皮だ?」
「は、はい。柔らかいシープを素材に使っております…」
「む、いいだろう。機能面は最低ラインをクリアしている。問題ない。試着は何処でする?」
 可哀想なくらい縮こまった中年男性に、距離をとった店員たちから同情の視線が集まっている。
 修次にその気はないのだが、周りに威圧感を与えてしまっているようだった。
 修次の一挙一動に、神経質に反応する店長。暖房が効いた店内で、嫌な汗をかいている。

 と、修次が手に取っていたハンガーを無言で、店長に渡した。
 続いて、懐に手を入れて小さな物体を取り出す。
 携帯電話だ。
 どうやら、メールを着信したらしい。大きな指で小さなボタンを巧みに操作している。
 それを見た、店員と客の間にざわめきが起こった。
 人は、自分たちとの共通点を見つけると、親近感が湧く。
 この場合、携帯というアイテムにより、彼の存在が、時代錯誤の堅物からコスプレ好きに格上げ(?)されたのだった。
 どこか人を遠ざける雰囲気が和らいだようだ。彼が、ソフトウェア開発まですると知ったら、スタンディングオベーションで喝采が起こるかもしれない。

 だが、店内の空気に反し、修次の顔は険しかった。
 彼は、液晶画面の表示から顔を上げ、言った。
「試着の後、直ぐに発ちたい。勘定を先に済ませてくれ、店主」
 上着とシャツ、紺のジーンズパンツに付いた値札を引きちぎり、投げ渡す。
 そして、社名などの表示が無い、一枚のカードを渡した。戸惑いながらも受け取った店主は、偽物かと思いながら、リーダーに通す。
 ディスプレイに表示された個人情報、認証番号などは、正当なものだった。

 ――ただし、表示されたカード会社の名に、覚えが無い。

 店主は戸惑いを深め、怪しいブラックカードを手に取り、呆けたように見つめた。




「一体、何が起きた…」
 試着コーナーのカーテンを乱暴に閉めつつ、修次が漏らした。
 それでも、手はたえまなく動く。肩にかけられた結袈裟が、はずされた。

 男のシルバーカラーの携帯電話には、
『助けて、修次君(はーと)』
 と表示されていた。その後に住所と思われるアドレスがある。
 差出人は、共にパートナーとしてこの街にやってきた三嶋舞歌である。

 彼は、己の性分から“助けて”という言葉に反応してしまった。

 しかし、彼は気づくべきだった。
 あの(はーと)の意味に気づくべきだったのだ。

 舞歌は、『ソード・ダンサー』の異名を持ち、剣の腕は、師範代である修次すら、凌駕する。
 そうそう戦闘上での助けなど、いらない。
 彼が思う危機と、舞歌が思う危機に、食い違いが生じていた。
 もっとも、差出人は、それを計算して簡潔な文章を送ったのかもしれない。




 修次は、周りが驚くほど、素早く着替えた。
 試着室から出てきた修次は、薄い青のジーンズに足を通し、乳白色のシャツに、白のシンプルなジャンパーを羽織っていた。
 それまでの衣装は背負っている布袋にしまわれ、手には、藍色の上品な布で包まれた刀を持っている。

 店の者たちは、布に包まれた物が、日本刀であることを知らない。
 ゆえに、青年の変化に、純粋に驚いていた。
 彼の外見が、
 精悍な身体つきが、
 短くカットされた爽やかな髪形が、
 そして、意外に整った顔が、――二枚目のスポーツマンに見えたのだ。

「店主」
 修次はカードを受け取ると、折り目正しく礼をし、颯爽と走り去った。


 ジーンズショップに残る者たちは、それぞれ違った動きをみせる。
 若い年代の女性客は、友達と顔を寄せ合い、修次の品評を始めた。異性の連れを持つ者は、彼、もしくは彼女に、腕を引っ張られるまま別な場所へ連れ出された。
 少なくとも、周囲に影響を与えるのは、衣装のせいだけではないようだ。





 デパート内。
 とある照明の暗い区画。
 そこだけは、漂う空気が違う。
 修次は、人目の無い場所を探して走り、ちょうど良い個室を見つけ、駆けこんだ。
 追いぬいかれた縁の厚い眼鏡をした学生が、怒りの声を上げた。
 数分後。
 学生服の男子は、修次が消えた扉の前で、苛立ちを隠さず時計を見た。
「……早くしないとバスに間に合わない」
 運の悪いことに、他の個室も埋まっている。
 学生は、時間を惜しみ、先延ばしにしていたことを悔やんだ。
 そして、順番を守らない長身の男を思い出し、怒りに任せて扉を叩く。
「すみません。まだですか」
 彼の気性か、強い態度に出れないようだった。
 幾度か、続けて叩く。
「…あれ?」
 すると、軽い軋みを上げて扉が開いた。
 少しだけ学生は逡巡するが、中の気配がないことに気づき、意を決し、中を覗く。
「………………」
 沈黙の後、学生は気味の悪さに、慌てて“トイレ”から走り去った。






 どれだか時間が経っただろうか。
 正確なところは分からないが、修次はとても長く感じた。
 夜になっても賑やかに数多の音楽が重奏し、煌びやかな装飾が光の色彩をなす。
 その一角で修次は、目的の人物と“見当違いの光景”に出くわすことになった。
 三嶋舞歌が、わざとらしく“しな”を作り、男を一人引きづりながら、近づいて来る。


「助けて、修次君(はーと)」(すがりつき)

「……」(右手を額に当て、天を仰ぐ)

「…お願い」(上目づかい)

「……」(眉根を寄せて考える人)

「一生のお願いよ」(涙目)



 ここは、暇な人たちが集まる遊戯場。いわゆる、ゲームセンターである。
 ヌイグルミをつかむ機械の前。そこで、妙な光景が繰り広げられていた。
 店員に通報されてしかるべき光景である……が、紺一色の制服は見当たらない。


 背の高い男にすがりつく女性、三嶋舞歌。
 赤いタイトスカートに、白いセーター、そして、腰にベルトのついた身体の線が浮き出る茶色のコートを着ていた。
 どうやら、彼女も袴姿から着替えたらしい。

 そして、奇怪な光景の元凶。
 彼女に襟首を掴まれて伸びている男。
 靴は、薄汚れたスニーカー。ソックスは履いていない。
 冬だと言うのに、上半身を隠すのは、美少女ゲームのキャラをプリントしたシャツだけ。
 ズボンは、萎びたGパン一丁だった。ジーンズは洗うと質が落ちると言うが、手入れの一つもしていないようだった。
 その格好で襟首を掴まれ、舞歌に引きずられている。
 見た目、肥満気味で少々根暗な感じのする男だった。
 ただ、頭をうなだれているので顔までは分からない。

 修次は、胸に渦巻く、わだかまりを抑えた。
 そして、腕を組んで思考する。
(……舞歌はこの男の扱いについて困っている…ようだな)

「とりあえず、その右手を離してやれ……死ぬぞ」
「あ、ゴメンね。ま、生きてれば大丈夫よ、…ね」
 舞歌が手を放した途端、男は後頭部を強打した。口から泡をふいている。
 まだ、二十代だろう、若い顔をしていた。
 眠るように目を閉じていたが、修次は、そう判断した。
「……とりあえず、報告を頼む」
 まるで、頭痛に苦しむ人のように、眉間を抑えながら修次が言った。
 気持ちを切り替えることに苦労する修次を見て、舞歌は“しな”を作るのを止めた。
 床に転がる男をチラリと一瞥し、冷静に頭を働かせる。
(…本部に報告するでしょうね)
 舞歌は、緋色を探す目的で、この任務を受けた。もし、定時報告を任されている修次が、不利な証言をすれば、任務を解かれ、緋色がいるかもしれない“この街”から離されてしまう。
(要は、コイツを伸した正当な理由があればイイのね)

「分かったわ。…最初は――」
 舞歌は、口を別の生き物のように本心から外して、動かした。

「あたしは例の事件の異能者を探して見回りをしていたわ」
(本当は緋色がいそうな所を探してたのよね)

 舞歌が、これまでの行動を証言する。

「傷害を起こした子は、まだ学生らしいから、彼が立ち寄りそうな所…つまり、ゲームセンターで聞き込みをしていたわ」
(…緋色も、遊びたい年頃だからね。普通の学生生活に憧れてる、みたいなこと言ってたし)

 ――“行動は”正確に報告している。


「そしたら、強い気を発している子がいてね。…確認する意味で接触したの」
(異能者はお互いの存在に気づき、知り合いであることが多いからね)

 ――ただし、モチベーションがまるで違っていた。

「彼については、知らない、と言っていたわ」
(…もちろん、緋色について聞いたわ……知らなかったけど)

 舞歌は、心底残念そうに顔を歪める。
 かなり、オーバーなアクションだった。

 そこで、修次が、手で舞歌を制し、言った。
「それでどうして、この結果になる…? ……原因を言ってくれ」

 舞歌が、仕方ないと、頭を振る。
 綺麗な長い黒髪がさらりと流れた。
 そして、瑞々しい唇に嫌悪をこめて、言葉をつむいだ。
「襲われたわ……だから、“過剰防衛”にならない程度に、鎮圧したけど」
(正確には、…素子ぉぉぉぉぉっ! って、叫んで五月蝿いから、伸したんだけど)

 ――事実とまったく違う証言をした。しかも、痣が残らないように内臓を徹底的に痛めつけていた。

 嫌そうに侮蔑の視線を送る舞歌。

 ――本気の殺気が、うっかり混じった。

 すると、何を反応したのか、Tシャツ一枚の男がビクンッと跳ねる。


   舞歌は、彼女の美意識に合わないものが、とことん嫌いだった。
 

 修次は、舞歌と目線を合わせまいとするように、腕を組んで瞑目した。
「……事情は分かった。が、俺にどうしろと?」
 片目を開けて、窺う修次。
 舞歌はニコリと笑うと、何かを懐から取り出した。
「これ。分かるでしょ? “コイツ”の念がこもってるわ」
 コイツ、と口に出したところで、蹴りを入れた。
 すでに、修次は、舞歌の行動を意識の外に放り出しているので、関知しない。関わらぬのが吉だ。
 だが、舞歌の取り出した“モノ”が尋常でないことを見て取ると、意図せずとも意識はそちらに向かう。
「うぬ…、【呪装化】しているな…」
 修次は舞歌から“魔法少女のフィギィア”を受け取ると、すかさず、上着の裏ポケットから【護符】を取り出した。
「封っ!」
 傍目には変化はなかったが、舞歌と修次は、フィギィアが発する気が、止まる瞬間を視認した。
 これで万事解決……と思われたが、修次は不審に思う。
「…俺でなくとも封印は出来たはずだが」
 【封印呪】ならば舞歌にも扱える。
 これだけならば、わざわざ修次が呼び出される理由にならない。
 舞歌は、いい所に気づいた、とでも言うように大きく頷く。
「それは、……コレね。と、見る前に心の準備が必要だわ。…気をつけて」
 意味深なセリフ。
 だが、修次には理由が分かった。

 呪装を使用した者は、しばしば肉体に変化を起こす。
 のびている男は、一見、何の変化も無いように見えるが、“身体のどこか”が変異しているのだ。
 変異するモノや、その部位は、使用者の思考の深いところ――つまり、“無意識”に作用される。
 修次は、今まで、人間の無意識がどんなモノを形づくるか、その目で見て来た。
 普段は超然とかまえている彼が、心臓が止まるかと思うほど、驚愕したことも、一度や二度ではない。
 そして、今回は、数多の修羅場を潜り抜けてきた舞歌が、注意を促すほどの変異だ。
(…並大抵ではあるまい)
 修次は、久方ぶりに、自らの鼓動の音を意識した。
 そして、親指と人差し指を男のまぶたに当てた。

 ――指で、まぶたを、上げた。

「……!」
 しばし、絶句した。
 思いもよらぬ“モノ”を見た。
 それは、Tシャツの男の――“双眸”。
 彼の“まなこ”が――、


 ――星を散りばめたようにキラキラしている(注:比喩ではない)


 それはもう、キラキラと、何処ぞの少女漫画のごとく。
 常にウルウルと、キラキラキラキラ……。
 修次は、遠のきそうになる意識を必死に捉まえた。
 足をつかんで「逝くな! 逝ってはダメだ!」と懸命に。
「スゴイでしょう……コレが世間に出たら、精神崩壊者多発で社会問題になるわ。私は人口2割くらい、逝くと思うわ」
 スゴイ、のベクトルを間違えている。
 それでも、修次はコレを世間に出してはいけない、と理解した。
「本部へ連行して、…治療ね。とりあえず、そいつをあたしたちのホテルに連れてくの、お願いね(はーと)」
 舞歌が艶のある笑みを浮かべた。
 修次は、狐にばかされたような、気持ちになった。

 そして、呪装変異を起こした男は、修次に背負われた。
 心なし、ぞんざいな担ぎ方だった。
 男は、修次と舞歌の出身地へ運ばれることになる。
 連絡を入れれば、輸送班が、半日と待たずに到着するはずだった。
 軽度の変異は、本部の特殊医療班が治療するのだ。


 ともあれ、荷物持ちを拝命した修次は、いつも以上に無言で、帰路を辿ることになる。
「あ、【人避呪】の護符を外すの忘れてたわ」
 舞歌は、二次元美少女の瞳をした男の背中から、護符を剥がす。
 この護符は、人の視線を無意識に外させる結界を作る。
 剥がした瞬間、舞歌がこめた気が霧散した。
「これで今日のところは、退きましょうか。流石にこの時間に外に出たりしてないと思うしね」
「……」
 修次は無言で歩く。

 これが、桜が住み、緋色がいる街で、舞歌と修次が最初に関わった【呪装変異】事象だった。

 変異を起こした男は後日、記憶のない空白の数日を不思議に思いながらも、元気に部屋に閉じこもり、気ままな生活を続けた。










〜sanaの勝手にフリースペースのコーナー〜


<おまけ用語(=造語)説明!(今回は真面目に)>

【呪装変異】
 前話に概略説明あり(本文とあとがき)。
 強い思いを受け、呪装となった物を使用すると、呪装にこめられた思いが、使用者に伝わる。すると、こめられた想念が使用者に影響を及ぼすようになる。この影響が強い物になると、使用者の心を“喰う”までになり、結果、使用者も呪装にこめられた想念の塊のようになる。このとき、心を喰われた使用者の肉体は無意識下の影響を受け、肉体が変異する。これを、呪装変異と言う。

【分界】
 一般的には、呪装を気の増幅器として使い、気を巻き込みたい範囲に広げる。意図的に変えることはできるが、普通はドーム状になり、効果範囲は異能者の気の量に左右される。制御によっては身の回りを囲むだけにすることも可能。

【ソード・ダンサー】
 舞歌の二つ名。あまりに正確な剣筋と、身体の回転を利用した多彩な剣戟から、そう呼ばれるようになった。最近では、素行不良により、恐怖の対象として名づけられた二つ名は、あまり使われなくなった。

【呪装化】
 モノに所有者の強い思いが宿り、尋常ならざる力を得たモノのこと。思い入れの深いモノほど呪装化する可能性が多い。『気』の量が多い所有者の呪装は、一般的に強い。

【護符】【封印呪】【人避呪】
 断魔士などの術士が使用する道具。あらかじめ、目的ごとに強い念をこめた護符。ある種の呪装である。  修次の護符は、漢字一字を直筆で書いた物。文体はオリジナルでかなり崩して書いている。本編で使われた封印呪は、封の字を右斜めに引き伸ばしたような文字。
 人避呪は、同じく護符で、人に無意識かで存在しないように思わせる呪い。舞歌の護符は、アルファベットで書かれている。内容は、決まっておらず、他人に利用されないように、自分だけが分かる文になっている。  護符と同じ様な作用をする物は、他にも存在するが、舞歌と修次の出身地では護符が使われている。

【隠呪】
 隠れるためのすべ。上記の護符を使わずとも、気の抑え方、分界のような結界の使い方が上手いことをさす。下記、追話にて。

*想念=念=思い=意思=意志など、微妙にニュアンスが違うが、強い思いを表す言葉で使うことが多い。
*ただし、異能を使用する際に異能者が視認するオーラのようなものは、『気』として統一。
*気の強さは、想念などの強さで大きく左右されるが、基本量に大きく個人差がある。例えば、異能を持つ者と持たぬ者では、1:100ほどの差があると言われている。









追話






 ホテルへの帰路。
 月明かりの射す雪路。
 話題も尽きて、黙々と歩いていた頃。
「緋色に会いたい…」
 突然、舞歌が言った。
 独り言のようであり、声はふるえていた。
 修次は、何も言わなかった。ただ、言葉を噛みしめるように目を閉じた。
 しかし、数十歩ほど歩いた後、ふいに思い出したように言った。
「明日にしろ……御子様ほど【隠呪】に長けた方なら、異能を行使していなければ、まず居場所が分からん」
 修次の言葉に、舞歌は、一瞬、不満そうに顔をしかめる。
「修次君、あなたが“御子様”と呼んだらだめよ」
「……」
 二人の間の空気が張り詰めた。
 共に目線は正面を向いているが、お互いに、相手の筋肉の緊張を気配で探っている。
 しばし、無音で、二人、歩く。
 雪道であるにも関わらず、地を擦るように足を運ぶ。
 修次に背負われた男がブルリ、と震えた。
「……分かった。御子様が望むならば」
 修次は、表情を変えずに言い放った。
 何を思い、言葉にしたのか、舞歌には分からなかった。
 ただ、張り詰めていた緊張感がほぐされた。










更に追話






 また、しばらく歩いた後
「緋色に会いたい…」
 突然、舞歌が言った。
 確実に独り言であり、声は微細なふるえをともなっていた。
 修次は無言で歩く。
「…緋色――」
 切なさで、胸がはちきれんばかりだ、というように、舞歌は、自らの肩を強く抱いた。
「…抱きたい。緋色…」
 声は、並みの男なら一発で、落ちるほどの“艶”を持っていた。
 舞歌の肌は、薄く紅潮している。
 それは、寒さからくるもの“だけ”ではなかった。

「……」
 修次は無言で歩いた。
 彼は、彼女の名声を失墜させる原因となった、

『妄想癖』

 に目をつぶるつもりだった。
 





戻る

□ 感想はこちらに □