戻る


少年少女文庫・リレー小説実行委員会主催...

小さなお守り


シリーズタイトル




 お守り。それは、気休め程度にしかならないと考えている人もいるかもしれない。事実、そのように考えている日本人は多い。
 現在、この世界には科学というものが、人の思考を覆っている。科学的、論理的に物事を証明できなければ、あり得ないことと割り切っているのではないだろうか。
 本当に、「非科学的」などという言葉で割り切れるのだろうか。本当に、お守りは気休め程度なのか。
 それは違うと、筆者は思う。お守りは、本当に信じている者だけに、本当の効力を発揮する。
 次の頁で紹介する、「物語」は事実を元にして有志の作家方が作り上げたノンフィクションの物語である。
 これを読んでもらえば、「非科学的」などという言葉で割り切れないこともこの世にはあるということが、わかっていただけるであろう。

平成25年発行,水富湖市千年の歴史 - 第四部 水月神社 より抜粋
 
戻る

□ 感想はこちらに □