戻る

中学に向かう通学路の途中に、小さな小さな分かれ道がある。この道の先になにがあるのか、どこに繋がっているのか、だれがそんな事を疑問に思うだろうか? 毎日前を通る学生たちは、一度だって気に止める事があるのだろうか?

たった一人だけいた。この曲がり角のような学生が…。


二つの道

              あさり


第一章     第二章

第三章     第四章

第五章     第六章

第七章     第八章

第九章