戻る

これは夢オチ

第10話:「空へ……」

Zyuka




「空を飛びたい……」
 少年は、そうつぶやいた。

 目を覚まし、足を見る。そこには、ギブスで固定された両足があるだけだった。

「空を飛びたい……」



『って、そう言う夢はあなたの担当じゃないですかテンム!』
『いやあ、確かにそうなんだけどさあ、ユイム……』

 病院のベッドで寝ている少年を眺めながら、二人のナイトメアが話し込んでいた。

 テンムは、空の夢を担当するナイトメアだ。
 一口に空といっても、実に様々。
 飛行機、ヘリコプター、ハングライダーなどの乗り物の夢から、自力で空を飛ぶ舞○術みたいな物から背中に羽を生やして飛ぶなど、色々な夢を作る。
 ファンタジーなものなら、雲に乗って飛ぶというのもある。

『あの子が空を飛びたいんなら、あなたがそう言う夢を作ってあげればいいじゃないですか』
『いや、それなんだがなぁ』

 テンムが言葉を濁しながら、いう。

『あの少年は、夢と現実の区別がつかないんだ……』
『え………』

『あの両足の骨折、どうしてああなったと思う?』
『………?』
『俺が一度空を飛ぶ夢を見せてやった時、飛べると思って二階から飛び降りたんだ』
『あらら……』

『まあ、というわけで、俺は考えた。通常ならありえない状況で空を飛ぶ夢を見れば、あきらめるんじゃないかなと!! だからユイムちゃん呼んじゃったってわけ』
『ああ、なるほど。つまり……』



『私と魂の波動を同じくする人間よ……私は妖精のファロ……あなた方が住む世界とは異なる世界より呼びかけています』
 赤毛のツインテール、木の葉の髪飾り、胸に大きな花のついた緑の服……背中には白いトンボの羽……身長25cmぐらいの妖精少女、ファロ……

『……って、ここ、真一さんの夢の中じゃない〜〜〜〜〜!!』

『ごめんね、ファロちゃん。ちょっと付き合ってよ』

 本来は、非日常夢的井戸端会議、非日常外伝的井戸端会議、ツイン・ツイン・ツイン……ツインズのキャラクターです。興味のある方はそちらも見てみてください。

『つまり、この子のように空を飛ぶ女の子になる夢を作ればいいわけね』
『それはそうだけど、いちいち別小説のキャラクターをつれてくるなよ』

『それに、妖精よりも、天使がいいな。みんな集めて、美少女天使団を作ってみよう!』
『じゃあ、メグムちゃんたちに連絡取るね……もちろん、シームにも』
『? シーム? 何で?』
『それはこっちのお楽しみ。テンム、あなたも覚悟しておいてね……』
 テンムは空の夢のナイトメア、海の夢のナイトメア、シームとはあんまり親しくはない。



『ところで、私の出番もう終わりなの? ユイムちゃん?』
『ごめんねファロちゃん。今度、レイリー君やアストリア君達と“夢見飯店”でパーティでもしようよ』
『別にいいんだけど、じゃ、また非日常夢的井戸端会議で』

 こうして、ファロは物語の扉の向こうへ去っていった。

『じゃあ、ユイム。夢作りを始めようか!』



 少年は、手元のリモコンでテレビを消した。
 もう、病院の消灯時間だ。

「空を飛びたい……」

 そういって、少年は目を閉じる。



『そんなに空を飛びたいんなら、飛ばしてあげようか?』

『え……?』

 少年に声をかけてくるものがいた。
 少年にはわからないが、ここはもう夢の中だ。 
 声をかけてきたのは白い大きな翼を背につけたユイムだった。

 そして、その横に同じく翼を生やしたメグムやリンムなどがいる。

 …………もちろん、同じような姿……つまりは女性の姿をしたテンムとシームがいた。

『うう、何でいつもいつもこんな姿にならなくちゃいけないんだ……?』
 嘆くシーム。まあ、これはお約束。あきらめるほかあるまい。

 そしてテンムは……
『……これって、結構面白いのかもしれない』

『テンム……?』



『お姉さん達は……?』
『私達は天使だよ』
 少年の問いに即答するユイム。
『天使……本当にいたんだ。いいなぁ、空が飛べて』
『あなたも、私達の仲間になる?』
『え……?』

 ユイムが、少年に手を伸ばす。

 その手をつかんだ少年に、変化が起こる。

 もともと白っぽかった肌はさらに白くなり、やせ気味だった体は柔らかみを増し、特に胸が膨らんだ。
 そして、極めつけは背中に出現した大きな翼。

『ハイ、鏡だよ……』
 メグムが持つ鏡には、かわいらしい少女が映し出されていた。

『え、これだれ?』

『君だよ!』

『僕も、お姉さん達と同じ、天使になれたの?』

『そうだよ。じゃあ、行こうか』

 そういって、一行は窓から飛び立った。




 空の旅は快適だ。

 雲に入れば周りが見えなくなるが、実は綿菓子のように食べられたりするのだ。

 鳥の大群と一緒に飛べば、きれいな羽毛をプレゼントされた。

 雨雲に水をもらい、太陽からは元気をもらう。

 夜空に浮かぶ星は、美しいアクセサリー。月の鏡で確認する。

 すべては、夢の中の出来事。
 テンムの力によって作られた、幻想的な空の夢。

 夢を見ている少年も、そしてユイムたちも、いつしかこの世界を楽しんでいた。



 最後に、天空に浮かぶ島・ラピュター島に到着する。

 この島にある城に住んでいるのは……

『あ、トロイ様……』

 そう、ここはナイトメア・キング、トロイの別荘だった。




 やがて、現実の世界の夜が空ける。




 楽しかった夢を見た少年が目を覚まし……

 自分の背中、そして胸を確認して落胆した。

「あの姿になれば、空が飛べるのかな……」










『おーい。ユイム』

『うん、どうしたの? テンム』

『この間の少年のことだけどな』

『?』

『あれから、性転換手術を希望しているそうなんだ』

『はぁ、何それ!?』

『医者も困りまくっているらしいからさ、お前もう一度いって女の子になる夢を見させてきてくれないか?』



とりあえず、END

戻る


□ 感想はこちらに □