戻る「T's☆Heart」メインページに戻る

−「T's☆Heart」エントリーキャラクター紹介ページ 「姫琴高校生徒名簿」−



運営側主人公(NPC)  他のNPCについてはここをクリック

●名前 喜多嶋 鈴(きたじま りん)
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 文芸部
●一人称 ボク(あたし)  ●愛称 喜多嶋さん(男子)、鈴ちゃん(女子)、リン(従兄弟の伶也)
●家族構成 両親、妹(小学4年生)  ●生活環境 自宅(ごくごく普通のサラリーマン家庭)
●学業成績 そこそこ  ●運動能力 そこそこ(筋力、持久力は低下している)
●得意なこと 手先を使うこと、料理  ●苦手なもの ナメクジやカエル(ぬめっとした生き物全般)
●社交性 おとなしい  ●異性(女子)に対して 奥手(消極的)  ●特記事項 気を抜くとだんだん女の子らくしくなっていき、一人称も「あたし」に変わる。逆に男だった記憶が徐々に曖昧になっていく。
●自分自身に対してひと言
「はああ……どうして女の子に変身しちゃったんだろう? でも自分で言うのもなんだけど結構可愛いし、スタイルもいいから、もっといろんなおしゃれとかしてみたいな……って、そうぢゃないっ!! あああ、また女の子化が進んじゃったよぉ……」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「ちっちゃいころは男同士だったから、レイちゃんとはよく遊んでいた……と思う。ときどきボクの顔を見て変な笑みを浮かべたり、『大変だね』とか声をかけてくるんだけど。……まさか、男の時のボクをおぼえている?」
●本名 喜多嶋 鈴也(きたじま りんや)  ●カテゴリー 変身系(?)TSっ娘
●TSの原因 不明。ある朝、目が覚めるといきなり女の子になっていた。まわりの人間の記憶も、「元から女の子だった」と置き換わっている。
●TSした自分に対して
 戸惑っている/恥ずかしがっている

 

●名前 有賀野 伶也(ありがの れいや)
●性別 男性  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 器楽部
●一人称 僕(ぼく)  ●愛称 伶也、レイ(男子)、有賀野くん、レイくん(女子)、レイちゃん(従姉妹の鈴)
●家族構成 両親  ●生活環境 自宅(喫茶店兼アンティークのお店)
●学業成績 そこそこ  ●運動能力 よい(スポーツ万能。身体を動かすことが好き)
●得意なこと ウッドベースやキーボードの演奏
●苦手なこと 女装で店の手伝い(ウェイトレス)をさせられること(でも、やりだすと結構ノリノリ)
●社交性 よい  ●異性(女子)に対して 積極的  ●特記事項 自覚があるのかないのか、はたまたフェロモンが人より多く出る体質なのか、そのほんわかした笑顔で女子(TSっ娘も?)をドキドキさせてしまう。ただし効果は一時的。またそれに対する受け取り方は、PCによってまちまち(中には全く効果がないPCも?)。
●自分自身に対してひと言
「う〜ん、華奢で女顔ってよく言われるけど、別に気にはしてないよ。確かに男くさくはないけど、運動神経はいい方だし、力もそこそこあるし……結構イケてると思うよ、今の僕って」
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「リンってば女の子なのに、女の子のことなんにも分からないんだよね。僕がいろいろ教えてやって、早く一人前の女の子にしてあげないと。でも、僕のこと『レイちゃん』って呼ぶの、いい加減やめてほしい(笑)」



エントリーキャラクター(PC)

●名前 桜塚 真理亜(さくらづか まりあ)  ●プレイヤー名 MONDO
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 新体操部
●一人称 あたし(俺)  ●愛称 真理亜さん(男子)、真理亜ちゃん、真理亜(女子)
●家族構成 父親(考古学者)、叔母(ファッションコーディネーター、独身)
●生活環境 叔母宅(学校近くのマンション)
●学業成績 そこそこ  ●運動能力 よい(女の子にしかできない競技……と、新体操を選択)
●趣味 プラモデル、ラジコン、マウンテンバイク  ●苦手なもの 親バカな父親、少女趣味な叔母(笑)
●社交性 そこそこ  ●異性(女子)に対して 積極的  ●特記事項 父親が仕事(発掘作業)で留守がちなため、「女の子の一人暮らしなどもってのほか!」と、事情を知る叔母のマンションへ転宅させられ、そこから通学する。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「可愛いよなぁ、男のままだったら速攻で交際申し込んでるだろうなぁ……くううっ、なんで俺は今、女なんだっ!? ……あ、でも女同士なんだから、着替えも見れるし仲良くなったらスキンシップなんかもしたりして…………へへっ、役得役得♪」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「他の男連中はともかく、彼にだけは変な女の子って思われたくないな……だってあたし、伶也くんのことが…………はっ!? い、今何を?」
●本名 桜塚 真一郎(さくらづか しんいちろう)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 父親が発掘し、家に持ち帰った古代の祭器をいじくっていたら、それに秘められた魔力(?)によって変身した。対になった祭器が発掘されれば元に戻れるかもしれないが、どうも望みは薄い(父親は「娘」のままでいてほしい……笑)。
●TSした自分に対して
 開き直っている 「じたばたしても仕方がない。こうなったらとことん女の子ライフを楽しんでやる……です♪」

 

●名前 井黒 万知子(いぐろ まちこ)  ●プレイヤー名 猫野丸太丸さん
●性別 女性  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 新聞部
●一人称 あたし(この井黒万知子様が)  ●愛称 井黒(男子、先生)、マッチ(女子)
●家族構成 父親(新聞記者)、母親(主婦)
●生活環境 自宅(普通の一戸建て)
●学業成績 文系科目、とくに国語が得意  ●運動能力 わるい。でも足はすばしっこい
●得意なこと うわさ話収集  ●苦手なこと 落ち着いてよく考えること
●社交性 よい。誰にでも話しかける。  ●異性(男子)に対して 奥手  ●特記事項 新聞部員としてクラスメイトの秘密を暴露するのに余念がないが、おっちょこちょいなのでいつも勘違いばかりしている。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「乙女は恋すべきなのよ。鈴ちゃんってばまだ異性に対して奥手みたいだけど、いつか燃えるような恋愛に目覚めるのだわ。そして……あたしにネタを提供するの」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「なによ、ちょっとかっこいいからって馴れ馴れしくして。あんたが愛想良く……ええと……、微笑みかけてくれたからって、あたしは手加減しないんだからね!」

 

●名前 守岡 深月(もりおか みつき)  ●プレイヤー名 七斬さん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 漫画同好会
●一人称 あたし(俺)  ●愛称 守岡、守岡さん(男子)、みつきちゃん、みっきちー(女子)
●家族構成 父(会社員)、母(主婦)  ●生活環境 自宅(団地)
●学業成績 そこそこ  ●運動能力 わるい
●得意なこと 漫画描き。簡単なラフスケッチなら数十秒で描いてしまう。
●苦手なもの 早起き。一旦寝るとなかなか起きない。  ●社交性 そこそこ  ●異性(男子)に対して 普通  ●特記事項 常に紙とペンを持ち歩いており、特に理由の無い限り、手を動かし続けている。普段描いているのは健全なストーリー漫画だが、なぜかときどきやおい妄想が爆発してしまう。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「かわいい子だなー。いい資料になるかもしれないな。今度スリーサイズとか聞いてみようか」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「彼って、……きっと総受けよね。あのあどけない童顔、きっとあれは誘ってるんだと思うの。そう。誘い受け。それこそが彼のアイデンティティ。どこかに彼を激しくリードしてくれる攻めキャラはいないものかしら。でへへ。……って、俺なんでこんなこと考えてるんだ? 俺が目指しているのは健全な少年漫画なのに。あいつの顔を見たとたん妄想が……」
●本名 守岡 光樹(もりおか みつき)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 どうにも女の子が魅力的に描けないため、ある日夢の中で漫画神Tに祈ってみたら、翌日女の子になっていた。
●TSした自分に対して
 開き直っている 「こうなったら資料に使える女の子データを集めまくってやるよん♪」

 

●名前 安藤 美沙(あんどう みさ)  ●プレイヤー名 南文堂さん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 16歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 茶道部
●一人称 あたし  ●愛称 安藤さん(男子)、美沙さん、美沙(女子)
●家族構成 両親、兄x2、姉x2  ●生活環境 自宅(江戸時代から続く科学者家系。一家総科学者)
●学業成績 よい  ●運動能力 わるい 
●得意なこと 理数系の計算、論理的な推論  ●苦手なこと 水(防水はしているが不安)、芸術的なもの
●社交性 そこそこ  ●異性(男子)に対して 普通  ●特記事項 祖父と父のこだわりで、人並みアンドロイドで一般人とあまり変わりはない。力はあるが、それを上手く制御できないので、リミッターをかけている。「女の子は砂糖菓子と紅茶でできている」という兄達のこだわりで、お菓子と紅茶に強く誘惑される体質。母と姉により強制的に女言葉となる機能と、カメラを向けられるとかわいいポーズをつい取ってしまう機能が追加されている。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「まがい物のあたしなんかと違って、本物の女の子だよねぇ。付き合うのなら、ああいう娘がいいな。まあ、今のあたしは女同士だからどうにもできないけど」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「いわゆるモテ系男子ね。普通は鼻持ちならないけど、性格がいいおかげで男子からも嫌われてないみたいね。……悪い奴じゃないって分かるんだけども、なんであたしが男にドギマギしなきゃいけないのよ!」
●本名 安藤 勇 (あんどう いさむ)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 祖父の実験中の事故に巻き込まれ、大怪我を負って開発中の女性型アンドロイドに脳移植された。
●TSした自分に対して
 「元の体が再生されるまで(10年ぐらい)の我慢だし、なんだかんだ言っても慣れてきたから別にどうでもいい。だけど、家族のおもちゃにされるのは勘弁して欲しい」

 

●名前 生田 蜜希(いくた みつき)  ●プレイヤー名 toshi9さん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 剣道部
●一人称 あたし(俺)  ●愛称 ハニィ  ●家族構成 父親(生田建造 44歳)、母親(生田幸恵 44歳、財団法人生田生物科学研究所の所長。賢造は副所長として彼女を補佐している)、姉(生田奈津希 22歳、大学生)
●生活環境 自宅(研究所併設、二駅離れた学校には電車で通学)
●学業成績 よいほう(英語は得意)  ●運動能力 かなりよい(剣道は免許皆伝の腕前)
●くせ ひとりごと(笑)  ●苦手なもの ひらひらした、女の子女の子した服  ●社交性 そこそこ  ●異性(女子)に対して 普通  ●特記事項 学校の制服以外はジーンズなどの男っぽい服を好んで着ている。しかし両親や姉からもっと女の子らしい服装や生活をするようチェックされている。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「かわいいし大人しい子だけど、不思議な感じの子だな。でもちょっとドジっぽいし何となく親近感を感じるんだよ」
(先生、彼女って何か秘密があるんじゃないですか?)
「秘密ってなんだい?」
(うーん、それはわたしにもわからないんですけど……)
「まあ別に詮索する必要もないだろう。それより一緒に剣道やらないかな」
(……無理だと思います)
「そうか、やっぱりそうだよなぁ」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「うーん、最初ほんとは女の子じゃないかって思ったんだけど結構しっかりしてるんだよなあ。それにあの瞳でじっと見つめられるとなんだか……」
(先生、何だか心臓がどきどきしてますよ)
「え!? な、なんでもない、なんでもない」
(ぷっ、おかしな先生)
●本名 如月 光男(きさらぎ みつお 26歳)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘(精神同居)
●TSの原因 元々高校の英語教師だったが、とある事件で生田蜜希の姿に変身してしまった。本来の蜜希は既に死亡しているが、蜜希の姿になってしまった光男と彼女とは精神同居状態になっている。紆余曲折があったものの、現在の彼は生田家の娘・蜜希として彼女の両親や姉とともに暮らしている。
●TSした自分に対して
 開き直っている
「もう元に戻れないし、元々俺には家族がいなかったしな。お前として第二の人生を送るまでだ。これからも頼むぞハニィ」
(ふふっ、はい、先生)

 

●名前 八口 虎郎(やぐち とらお)  ●プレイヤー名 無糖さん
●性別 男  ●年齢 16歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 オレ  ●愛称 ハロ(はろ)
●家族構成
 姉のみ(23歳/長期入院中/周囲には秘密)  ●生活環境 学生寮
●学業成績 わるい(サボり癖あり)  ●運動能力 よい(空手二段。ただし喧嘩で破門済み)
●得意なこと 喧嘩、カツアゲ、タカリ(金になるならどんなことでもやる。貯金の理由は秘密)
●苦手なこと 女の涙  ●社交性 そこそこ(素行悪)。親しい友人はいない
●異性(女子)に対して 積極的(でかい胸を見たらとりあえず一度揉んでみる)  ●特記事項 身長180cmで痩せ型。顔は十人並み、やや吊り目。髪は赤く染めて逆立てている。刹那主義者で暴力歓迎。卑怯な手を好まない直情的な悪役。守銭奴で、煙草やその他、自分で金を使うことは一切やらない。律儀な面もあり、借りは覚えている限り(三日程度)返す(拳で役に立てば)。基本的に女は名前で、男は苗字で呼ぶ。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「へぇ、なかなかいい体してんな。どれ、一つ挨拶代わりに……(手をわきわきさせて近づく)」
 途端に教室に響く黄色い叫び声。飛来する鞄や辞書の群れ。「へぶっ! や、やるじぇねえか……バタリ(倒れ伏す)」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「気に入らねぇな……いつもヘラヘラしやがって。ここは一発、立場ってもんをわからせてやるか(拳をゴキゴキ鳴らして近づく)」
「待ちなさい!」
 立ちふさがるTSっ娘たち。飛来する掃除道具や家庭科室のフライパン。「ぐはっ! 今日のところは、許して、やるぜ……バタリ(目を回して倒れる)」

 

●名前 葛木 朔夜(かずらぎ さくや)  ●プレイヤー名 小夜啼鳥さん
●性別 女性(書類上は)  ●年齢 16歳(6月12日生)  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 私(僕)  ●愛称 葛木さん(男子)、朔夜、さくやん(女子)
●家族構成
 父親(41歳、大き目の会社の社長/周囲には秘密)  ●生活環境 学生寮
●学業成績 よい  ●運動能力 よい。護身術代わりに武道(合気道など)を一通り身につけている。
●得意なこと 文武両道。大抵のことを、そつなくこなしてしまう。  ●苦手なこと 女性同士(自分含む)のスキンシップ、料理  ●社交性 そこそこ  ●異性(女子)に対して 女装しているからか、ちょっと硬くなりながらも、なんとか普通に話しかけることができる。  ●特記事項 子供のころから勉強はもとより、礼儀作法や各種稽古事を身につけさせられている。本当は男なのに、普通の女の子よりも女の子っぽい。おとなしい(多少気弱な)性格だけど、やるときはやる。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「喜多嶋さん……かわいいとは思うけども、今のこの姿じゃあ……ね(スカートを少し摘み上げる)」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「有賀野くんか、いい友達になれるといいけど……大丈夫かなぁ……(自分の姿を見てため息)」
●本名 葛木 朔夜(かずらぎ さくや)  ●カテゴリー 女装
●TSの原因 祖父の遺言(!?)で、女子として姫琴高校に入学することになってしまった。周囲には女装ということは黙っている。髪が長いのは幼いころ母親が亡くなってしまったときから伸ばしているため。ちなみに男だとばれないように、胸には胸パッドを入れている。
●TSした自分に対して
 少しは開き直っている/諦めている
 女の子として高校に通うことは決まっていたことだから諦めてはいるし、少しは開き直ってもいる。だが、女装しているという事実や、ばれたときのこと、女性になりきって(演技しきって?)男として恥ずかしいこと(女性としては大丈夫なこと)をしたあとに、ひっそりと落ち込んだりしている。
「女子として通うことになっちゃったのは仕方ないけれど、こうなったらばれないように頑張らなきゃ……でも、ばれたらどうしよう……うぅっ(orz)」

 

●名前 片津 雪魅(かたつ ゆきみ)  ●プレイヤー名 Zyukaさん
●性別
 女性  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 郷土研究会
●一人称 私(拙者、俺)  ●愛称 ユーミ  ●家族構成 両親と警察官の姉、片津甘魅
●生活環境
 自宅  ●学業成績 そこそこ  ●運動能力 よい(正体が正体だけに)
●得意なこと
 変装術(でもみんなには内緒)  ●苦手なもの 蛙  ●社交性 おとなしい(普段は)
●異性(男子)に対して 普通
●特記事項
 現在に残る忍者集団、皇賀忍軍六家片津家の次女。学校では目立たぬよう、みつあみビン底眼鏡のおとなしい生徒を“装っている”。得意としている変装術(男装)で、放課後は謎の男子生徒「街 勝之(まち かつゆき)」として校内をうろつきまわっている。眼鏡をはずすと結構きつい感じの美人?
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「困ったことがあったら相談してください。拙者……いえ、私にできることがあれば協力します」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「ええっと……そうだ、今度私の友人の勝之君、紹介しますね」

 

●名前 榎矢 るみな(えのきや るみな)  ●プレイヤー名 こうけいさん  ●性別 女性(TSっ娘)
●年齢 16歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(放課後は芸能人としての仕事があるから)
●一人称 わたし(ぼく)  ●愛称 るみなちゃん(男子)、るみな、榎矢さん(女子)
●家族構成 両親、姉(大学生)  ●生活環境 姉と二人暮らし(高校再入学を機に実家を出て、姉とマンションで同居している)  ●学業成績 そこそこ  ●運動能力 よい  ●得意なこと 演技、体を動かすこと、営業スマイル、読書(演技の勉強として)  ●苦手なこと 女子生徒とのスキンシップ、歌うこと(音痴ではないが、今の声で歌うのは苦手)、争いごと  ●社交性 そこそこ(一輝時代は「よい」だった。今は演技でカバーしている)
●異性(女子)に対して 奥手(消極的、一輝時代から変わらない)  ●特記事項 恥じらいある表情が魅力的な美少女アイドル女優としてドラマにCMにと活躍中。早退や欠席もしばしばあるが、オフのときには極力登校して、普通の女子高生としての時間を過ごそうとしている。校内では謙虚に振舞っており、外見も伊達メガネに三つ編み――と地味目。とはいえやはりアイドル、結局は目立ってしまう。また、いくら得意だといえ演技が常に持続できるはずもなく、時々は男っぽさが出ることも。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「わたしが芸能人だからって引いてる女子が多い中で、彼女はちょっと違うのよね。心の間合いに飛び込めるっていうのかな、互いに悩みを親身になって話せる存在なの。けれど彼女も、なにかを演技で隠しているように見えるんだ。もしかしたら女優の素質があるのかも」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「わたしのことちやほやしてくれるから、心をくすぐられるみたいで楽しいのよね。でも結局は他の男子と同じで、上っ面だけの関係に終わっちゃうんだろうな。……あれ、どうしてなんだろう? この気持ち。泣くシーンの撮影中じゃないのに……」
●本名 榎矢 一輝(えのきや いっき)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 一輝は子役上がりの若手アイドル男優として将来の活躍を期待視されていたが、一年前、前の高校に入学した直後から、約半年間かけて肉体がゆっくりと女性化していった。医者に診てもらっても原因は不明。「病気療養中」として芸能界から消えた一輝に代わり、るみなが女性アイドルとして同じ事務所からデビューし、一輝の一年遅れで姫琴高校に再入学した。
●TSした自分に対して
 恥ずかしがっている/楽しんでいる
「女子として学校に通うなんて、やっぱり恥ずかしい。子役以来男優歴10年のぼくだけど、女の子役はやったことないもんな。撮影現場の女の人と違って、クラスメイトの女子は同性芸能人には冷たいし、一輝のファンっていう女子からは嫌味を言われて、歯痒かったな。男子にしたって付き合いは難しいよ。一輝のころは芸能人だって関係なく集団でわいわい楽しめたのに。だけど……こうなった以上、今の「わたし」は姫琴高校という舞台で『るみな』に扮する女優――って思うしかないか。そう考えたらワクワクするよね。人見知りっていう地だって、逆に恥じらいある演技に転換できるし。営業スマイル振りまいて男子を喜ばせるのも乙なものよね」

 

●名前 レン・レボンルゴポ・レ・ルゼメボガド  ●プレイヤー名 K.伊藤さん  ●性別 女性(TSっ娘?)
●年齢 15歳(実年齢不明、5歳以上10歳未満と思われる)  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 レン  ●愛称 レン、レンちゃん、れんれん、レレちゃん、れれれ等、好きに呼んでOK。
●家族構成 現在一人暮らし(故郷には同胞が30億人ほど)  ●生活環境 学生寮  ●学業成績 そこそこ良いが、性格的には馬鹿に近い。  ●運動能力 運動能力は非常に高いが、細かい作業は苦手。
●得意なこと 家事全般(日常生活に関しては訓練済み)  ●苦手なこと 常識的行動(知識としては持っているが咄嗟には出てこない)  ●社交性 積極的であろうとしている、時々積極的すぎる。  ●異性(女子)に対して 生殖行為というものに興味津々。  ●特記事項 アフリカ大陸の小国から来た留学生……は仮の姿。その実体は、はるか数億光年の彼方から地球調査にやって来たエイリアン。肉体は完全に地球人の♀に調整済み(その気になれば地球人の男性との交配も可能)で、何の特殊能力も持たない。また極秘調査なので、超科学のアイテム等も一切所持していない。他の調査員の詳細も不明で、その情報は教えられていない。故に、自分はエイリアンだと言い張ったとしても、可哀相な人にしか思われない。ちなみに生活費は、月に一度、いつの間にか銀行に振り込まれている。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「カワイーね、かわい、かわいーヨ、レンは興味津々だネ、友達、なてくれないかナ?」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「どきどきダヨ、わくわくダヨ、この感情なにかナ? なにかナ? 調査の必要ありだネ」
●本名 地球人には発音不能、表記不能(意訳すると「黄金の河の3419696番目」)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 地球調査の為に超科学によって肉体再構成。目的は、「女子高生として3年を過ごし、地球の文化を学ぶこと」。本来の彼女は性別を持たない働き蜂のような存在であり、種族はマザーからのみ生まれる。
●TSした自分に対して 「あはは、ひらひらくるくるどきどきわくわくだヨ、これ楽しいていう感情かナ?」

 

●名前 国津 沙羅(くにつ さら)  ●プレイヤー名 天爛さん
●性別
 女性(TSっ娘)  ●年齢 8歳(飛び級)  ●クラス 1年桃組  ●所属クラブ なし(文化部をハシゴ?)
●一人称 ボク(伶也に対しては「あたし」)  ●愛称 国津さん、沙羅ちゃん、サララ(ふつう)、サーラ、プリティー・サーラ(魔法?の事をからかわれる時)  ●家族構成 両親(海外在住)  ●生活環境 自宅(魔術の名門の分家)
●学業成績 良い(超高校生級に頭がいい)  ●運動能力 わるい(外見通りの運動能力)
●得意なこと 頭脳労働、家事全般(一人暮しだから)  ●苦手なこと 運動、高い所、暗い所、狭い所
●好きなもの 甘いもの(少女化してからが苦手から大好物に変化した)  ●社交性 普通
●異性(女子)に対して 普通(色恋には奥手、というより疎い)  ●特記事項 外見に似合わすかなりの博学(特に魔術・オカルトについて)。普段は文化系の部活を行き来しており、鈴や伶也とはその時出会った。隠れて魔法?の練習をしているのだが、実はかなりバレバレ。周囲からは「魔法少女に憧れている、年相応の女の子」だと思われている。なお、『(見習い)魔法少女』とからかうと、全力で否定する。飛び級して入学した天才少女として、それなりに有名。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「この前、見られてしまったんです、練習しているところ。でも、黙ってると言ってくれましたし……信じて大丈夫ですよね?」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「レイお兄ちゃ……じゃなくてレイさん、ガンバレって言ってくれました。うん、あたし、レイさんのためにも早く一人前の魔法少女になってみせますっ! ……って、あれ?」
●本名 国津 双樹(くにつ そうき 15歳)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 元は15歳にしてかなり高位の魔法使い。数か月前に『16歳になったら魔力が制御できなくなる』という予言を受け、母親に年齢退行&停滞・女性化・魔力封印の魔法を掛けられる。本人は、年齢退行による副作用で一時的に魔力が使えなくなっただけだと思いこんでおり、今の状態でも魔法が使えるようになるため密かに練習している。だが、魔力は封印されてるので使えるハズもなく……(笑)。
●TSした自分に対して 諦めてる?/嫌がってる?/楽しんでる?
「なってしまったものはしがたないですし、ああするのが一番だったですよね……あれ? でも女性化の必要は無かったんじゃ……だ、騙された!? こ、こうなったらこの姿でも魔法を使えるようになって、女性化の呪文を解くしかないですね!! あっ、その前に甘いものいっぱい食べてからにしましょ♪」

 

●名前 若宮 詩音(わかみや しおん)  ●プレイヤー名 Kardyさん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳(10月27日生)  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 器楽部
●一人称 あたし(オレ)  ●愛称 若宮、若宮さん(男子)、わかみー、詩音、詩音ちゃん(女子)
●家族構成 父(若宮 忠彦:技術系会社員)、母親(若宮 恵梨沙:専業主婦)、妹(若宮 留華:中学1年)
●生活環境 自宅(名古屋出身。父親の転勤を機に姫琴市に引っ越してきた)
●学業成績 良い(元々大卒のため)  ●運動能力 あまり宜しくない  ●得意なこと ギター演奏(プロ級)、電子音楽  ●苦手なこと 少女趣味的なもの  ●好きなもの 味噌煮込みうどん 「この、舌が痺れるぐらい濃い味がええんだわ」  ●社交性 そこそこ  ●異性(女子)に対して 普通  ●特記事項 精神年齢が30過ぎのため、10代半ば特有の子どもじみた言動からは一線を画した行動をとる。そのためクラスでは「大人びた優等生」として見られている模様。興奮すると「中年親父」の側面が顔を出す事がある。言葉の端々に中京訛りが出る事が多い。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「ええよねぇ、あの子……何かこう守ってあげたくなるような……あたし、もしかして鈴ちゃんを異性として認識しとる? ……違うて! これはむしろ母性本能……あーっ、もうわけ解れーせんわっ!」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「実際むっちゃ上手いんだわ、何弾かせても。将来ユニット組んでみたい相手ではあるわね。それに、何か彼とおると……よぉ解らんけど『はにゃ〜ん』て気分に……って、またオンナノコスキル上がっとらん!?」
●本名 黒川 和久(くろかわ かずひさ)  ●カテゴリー 入れ替わり系TSっ娘
●TSの原因 元は30代半ばのスタジオミュージシャン。ある日、広小路のスタジオで練習中に落雷が発生。他のメンバーのつてで偶然見学に来ていた詩音と入れ替わりを起こしてしまう。最初は何かとパニックを起こしていた2人だが、1年もたつ頃にはお互いすっかり現在の状態が気に入ってしまい、「だったらムリに戻ることもないか」と、人生を完全に交換する事を決意。その後詩音(和久)は引っ越してしまうのだが、現在でも和久(詩音)とは連絡を取り合っている模様。
●TSした自分に対して 楽しんでいる/その他
「20近くも若返って、しかもピッチピチの女子高生なんてラッキーとしか言えへんでなこりゃ…………危ない危ない、人前でヲヤヂが顔出したらアウトだわ。気ぃつけとかんと」

 

如月ユリカちゃん♪ ●名前 西川 小太郎(にしかわ こたろう)  ●プレイヤー名 きりか進ノ介さん
●性別 男性  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 写真部
●一人称 俺  ●愛称 コタロー  ●家族構成 父親(写真店経営)と二人暮らし  ●生活環境 自宅
●学業成績 そこそこ  ●運動能力 良いほう  ●得意なこと 写真(鉄道や飛行機が好きだが人物もうまく撮る)
●苦手なこと お金のかかること、団体行動(カメラを片手にウロウロするのが好き)
●社交性 良いほう  ●異性(女子)に対して 普通  ●特記事項 「女子高生の日常があふれる卒業アルバム」を作る夢を父親と共有している。いつもカメラを持ち歩き、撮った写真は命を懸けて守り抜く。基本的に隠し撮りはせず、よく取れた写真は回覧して注文を取って販売するのでわりと人気があったりする。身軽に気軽に動く。身長165cm、体重55kg。やや小柄で痩せ型、少年らしい、というか子どもっぽい顔立ち。短めの髪でさっぱりした印象。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「喜多嶋さん? うん、ちょっと不思議な感じの女の子だね。しっかりしてそうだけど意外とドジなところがまたかわいいんだ。カメラに向かってもうちょっと笑ってくれると、いい写真が撮れると思うんだけどな」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「伶也はいいヤツだよ。でもどうしてあいつばっかりあんなにモテるんだ?(笑) まあいいや、いつか女装して写真撮らせてくれよ。儲けの取り分は俺と半々でいいからさ」

 

●名前 駿河 千佐(するが ちさ)  ●プレイヤー名 かわねぎさん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし
●一人称 私(独り言では俺)  ●愛称 千佐ちゃん、ちさこ、ちーちゃん、ちーちっち(女子) 駿河さん(男子)
●家族構成 父親(輸入雑貨店経営)、母親  ●生活環境 自宅
●学業成績 理科と英語が得意。その他はそこそこ  ●運動能力 そこそこ。物を投げるコントロールだけは抜群
●得意なこと 食べ歩きの情報収集(最近はスイーツ系)  ●苦手なこと 楽器の演奏全般、自分に振られる恋愛話、5時間目の授業  ●社交性 そこそこ(特記事項の唐辛子モードでは「良い」)
●異性(男子/女子)に対して 奥手  ●特記事項 男に戻るため謎の唐辛子を探しているのだが、普通の唐辛子を摂取すると一時的に精神が女性化してしまうので、人前で食べるのに躊躇することが多い。が、ついついうどんにかけてしまったり……
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「可愛いんだけど、今は女同士だしな。女同士で仲良くしたり変に思われないかなぁ……(昼食後)……あ、鈴ちゃん、今度できたスイーツの店、一緒に行こうよ。ね♪」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「伶也って女子にもてるというよりは、人気があるって感じだよな。私もなんとなく気になるっていうか、つい目が合っちゃった時に微笑み返しちゃうっていうか……あれ? 俺は今日唐辛子食べてないはずなのに……」
●本名 駿河 千里(するが せんり)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 産地不明のあやしい唐辛子を食べてなぜか女の子に変身。元に戻るには同じ産地の唐辛子を食べなくてはならない。そのため、現在全国から取り寄せて試食中。
●TSした自分に対して 普段は開き直って元に戻る方法を探している。ただし、唐辛子で精神女性化した後に正気に戻ると、自分の行動を思い出して恥ずかしがる。

 

●名前 山本かえで(やまもと かえで)  ●プレイヤー名 Taika Yamani.さん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし
●一人称 わたし  ●愛称 山本、山本さん(苗字以外の呼び方をされても怒らないが、相当親しくない限り、呼ばれるたびに相手に対する評価が下がる。クラスメイトのことは女子は苗字にさん付け、男子は苗字にくん付けで呼ぶ)
●家族構成 父方の祖父母、両親、兄  ●生活環境 自宅  ●学業成績 よい  ●運動能力 わるい(体力だけなら人並み。でも基本的にとろい)  ●得意なこと 暗記、暗算、高速思考、ひたすらぼーっとすること
●苦手なこと 反射神経を使うことや、迅速さを求められる行動全般  ●趣味 散歩、ぼけーっとすること、ピープルウォッチング、盆栽、庭いじり  ●社交性 わるい  ●異性(男子/女子)に対して 普通(今のところ恋愛自体を敬遠している)  ●特記事項 平穏をこよなく愛している。他人が騒ぐ分には、巻き込まれない限り関わらない。休み時間開始直後は教室でトロトロと板書をノートに取っていることが多い。それが終わると、窓の外を見ていたり、とてつもなくくだらないことを考えていたり、クラスメイトたちを観察していたりする。それをぼけーっとした表情と見るか、夢見る表情と見るかは人それぞれ。お昼は元コックさんのおじいちゃんが作ってくれたお弁当持参。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「同じクラスの見た目のいい女子。よく知らないけど、なんだか濃すぎる面々が集まってそうな桜組の中でも、なんとなく中心にいる印象? たぶん、クラスメート以上の関係になることはまずない相手かな」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「同じクラスの見た目はいい男子。喜多嶋さんの従兄らしい? ……以下同文」
●本名 山本 楓(やまもと かえで)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 父方の遺伝的な体質。祖母は元男、父親は元女で、兄も元姉。
●TSした自分に対して 兄になった姉を見て覚悟を決める時間があったせいもあって、変身した直後の十二歳当時はともかく、三年たった今では単に現実として受け入れている。

 

●名前 三枝 克(さえぐさ すぐる)  ●プレイヤー名 華村天稀さん
●性別 男性(?)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 美術部、書道部
●一人称 僕  ●愛称 さえやん、さっちん、さっちゃん
●家族構成 両親、姉  ●生活環境 自宅
●学業成績 極めて優秀(学年上位)  ●運動能力 わるい(医師から激しい運動を控えさせられている)
●得意なこと 手話、筆談など視覚による意思伝達、絵画、書道
●苦手なこと 運動、女装(この上なくカンペキなのだが、精神的に苦手)
●社交性 どちらかというと、他人と距離を置きがち。  ●異性(男子/女子)に対して 普通。男女変わりなくかかわることができる。  ●特記事項 先天的に声を出すことができず、常に持っているスケッチブックとペンを使った筆談で会話する。性格は基本的に温和でお人好し。以外と鋭そうに見えて、内面は相当のボケキャラ。男のはずだが華奢で可愛い容姿をしており、喉仏も目立たないため、実は男装した女の子……なのかも?
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「……(スケッチブックに書き出す)『かわいい人ですよね。でも何だろう? どこか違和感がある気がします。女の子になりきれてない、というかなんというか……まあ、ここってそんな感じの人ばっかりだし、気のせいかもしれないけど』」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「……(スケッチブックに書き出す)『んー、女子に人気ありますよね、彼。今時の女の子ってああいうのが好きなのかっていう参考になります――なんていうと彼に失礼かもしれないけど。正直、あの社交性は僕には真似できませんね。ちょっと羨ましいかもしれない』」

 

●名前 千堂 なずな(せんどう なずな)  ●プレイヤー名 クラスターさん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし
●一人称 わたし  ●愛称 なずなちゃん、なずっち、セン(千堂だから)
●家族構成 父、母  ●生活環境 自宅  ●学業成績 そこそこ
●運動能力 わるい(運動神経自体はさほど悪くないが、女の子になってから、元々さほど自信のあるほうでなかった体力が更に落ちている)  ●得意なこと ゲーム全般(特に格闘ゲーム。全国大会での優勝経験あり)  ●苦手なこと 運動  ●社交性 割とよい。誰とでも打ち解けやすい。
●異性(男子/女子)に対して 普通  ●特記事項 自らゲーム関連の知識をひけらかしたりすることはないが、尋ねられたら大抵の攻略法は即答可能。そのおかげもあってか男子に人気がある。いわゆる「オタク」ではあるのだが、ゲームにしか興味がないわけではないので普通の会話も問題なし。オタクが知れても何故か「まあ、なずなだし」と納得されてしまうことがたびたびある。理由は不明だが、そう思わせてしまうような魅力か何かがあるようだ。ゲーマーとしての腕前は女の子になった今でも健在だが、周囲から好奇の視線で見られるので、あまりプレイできずにいる。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「うん、すごく可愛いし、いい人だよね。友達になれるといいんだけどな」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「これまたいい人、割とかっこいいね。わたしは運動とか苦手だから、有賀野くんみたいに息切れせずに動ける人って、ちょっと羨ましいな……」
●本名 千堂 直人(せんどう なおと)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 ある日気まぐれに「ラ○&ベ○ー」をプレイしていたところを某フォスターに見つかり、「女の子用のゲームを男がプレイするのはいかんな、修正させてもらう」と、例の光線銃で撃たれて女の子にされた。
●TSした自分に対して 戸惑いはしつつも、「騒いでもどうこうなるものじゃないし……」と、ある程度開き直っている。それよりも自分を女にした全身銀タイツのおっさんの正体が気になって仕方ないらしい。精神女性化はかなり進んでいるが、恋愛感情に関しては自分でもよくわかっていない。「多分男が好きになるんだろうなあ」くらいに思っている。

 

●名前 霧谷 霞(きりや かすみ)  ●プレイヤー名 流離太さん
●性別 女性(TSっ娘?)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年椿組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 私  ●愛称 霧谷さん(ストーカー、地獄少女、花子さん)
●家族構成 父(サラリーマン)、母  ●生活環境 自宅  ●学業成績 そこそこ
●運動能力 そこそこ  ●得意なこと 占い(ただし、自分のことは占えない。また、他人の運命も漠然としたものしかわからない)  ●苦手なこと 人付き合い全般  ●社交性 わるい(感情表現が不器用な上に口下手)
●異性(男子/女子)に対して 奥手(消極的)  ●特記事項 肩まである黒髪おかっぱ、冷めた瞳の持ち主。身長体重は女子高生の平均値。滅多に笑顔を見せないが、時折別人のような笑顔を見せる(その笑いはとても不気味)。物影から人を見る癖があり、狙いをつけた相手にはとことん付きまとう。そのために「ストーカー」呼ばわりされ、クラスでは孤立している。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「(ジ――ッ)読めない……不思議。付きまとっちゃおうかな、けひひひひ」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「(ジ――ッ)女難? 男難? どっちにしろ、所詮高嶺の花」
●本名 霧谷 霞(きりや かすみ)  ●カテゴリー 変身系(?)TSっ娘
●TSの原因 謎の光と接触し、そのショックで性転換したらしいが、本人には男だった記憶がない(両親は「男だった」と言い張っている)。自分がなんなのか知るために、学校にて同じ境遇の人間を探している。未だに見つからないが……
●TSした自分に対して 「……最初から女の子だよ。お父さんもお母さんも、なんで男だったなんて……」

 

●名前 鏡月 恵(きょうつき めぐみ)  ●プレイヤー名 泉 美樹さん
●性別 女性(代役?)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ 文芸部
●一人称 私(独り言では僕)  ●愛称 メグちゃん(親しい友達)、鏡月さん(クラスメイト、その他)
●家族構成 両親、双子の姉  ●生活環境 自宅(両親は海外と地方に単身赴任。時々叔母が様子を見に来る)
●学業成績 そこそこ(理系科目が得意。文系は苦手)  ●運動能力 そこそこ
●得意なこと 女装(趣味といっていい)  ●苦手なこと 姉が得意なこと
●社交性 おとなしく奥手 おかげでアノ日と勘違いされている。  ●異性(女子)に対して 姉が一番好き。姫琴高校には月1回しか来ないから、交友関係を広げようとはしない。  ●特記事項 女装すると姉と全く区別がつかなくなる。体型や仕草も全く同じなのだが、得意不得意、社交性や好き嫌いは違っている。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「この人も姉さんと同じ文芸部なんだ。……ったく、なんで姉さんは文芸部なんかに入ったりするのかなぁ? この人のことなんにも聞いてないよ」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「姉さんはこの人と話す時はなぜかドキドキするそうだけど、僕はなんとも感じないなぁ。やっぱり僕もドキドキしているように振舞った方がいいのかな?」
●本名 鏡月 恵(きょうつき けい)  ●カテゴリー 女装
●TSの原因 中学生の頃、ときどき双子の姉と服装を取り替えて学校に通っていたことがあり、クラスメイトや先生にもばれなかった。高校も一緒に進学して、いつまでばれないか二人で試そうと思っていたのだが、別々の学校になってしまった。そこで月に1回、生理中の姉の代わりに女装して姫琴高校に通っている。
●TSした自分に対して 楽しんでいる

 

●名前 涼風 穂香(すずかぜ ほのか)  ●プレイヤー名 ほたるさん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 あたし(人の見てなさそうなところでは俺)  ●愛称 ほのか、ほのちゃん
●家族構成 大工の父親、保育士の母親(……という設定)  ●生活環境 学生寮  ●学業成績 そこそこ(暗記に強いが応用が利かない)  ●運動能力 よい(ただし、球技は苦手)  ●得意なこと 細かい作業
●苦手なこと 臭いのきついもの(異様に鼻が敏感)  ●社交性 そこそこ
●異性(女子)に対して 奥手(消極的)  ●特記事項 どまじめ。きっちり自分をコントロールしているが、それゆえ内気に見えてしまう。AV機器やカメラ、電話などに興味津々。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「実際は異性だけど、見た目は同性。つかず離れずでよしとしておこう」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「こっちがあんまり離れすぎても逆に奇妙だから、微妙な距離保っておくか」
●本名 クリル・アルブレッツァ(20歳)  ●カテゴリー 変身系TSっ娘
●TSの原因 魔法使いの家系で、先祖代々の「20歳になったら、最低3年間性転換+魔力封印の上、異世界で社会勉強」という掟に従って、母親に魔法をかけられたため。容姿は15歳頃の母親にそっくり。
●TSした自分に対して 割り切っている
「まあ、そういう家系なんだから、仕方ないか。父さんや爺さんもこういうことして今のようになったんだからな」

 

●名前 神宮寺 明日香(じんぐうじ あすか)  ●プレイヤー名 よしおかさん
●性別 女性(TSっ娘)  ●年齢 15歳  ●クラス 1年桜組  ●所属クラブ なし(帰宅部)
●一人称 わたし(陰では俺)  ●愛称 神宮寺さん、アスカ、あっちゃん
●家族構成 姉(女子大生、20歳)  ●生活環境 マンションに姉と二人暮らし  ●学業成績 そこそこ
●運動能力 よい  ●得意なこと 身を隠す事  ●苦手なこと おしゃべり、トイレ  ●社交性 おとなしい
●異性(女子)に対して 奥手(消極的)  ●特記事項  文部科学省青少年局学校環境調査課いじめ特別調査官(県警捜査課から他省との交流目的で派遣されている)で、学校内のいじめ状況について潜入調査をおこなっている。姉の神宮寺 京(じんぐうじ きょう)は、実は学校環境調査課との連絡員で男性。警察庁の後輩で、大人用のボディスーツをテストしている。「姉」以外のスーツも持っているらしい。
●喜多嶋 鈴ちゃんに対してひと言
「あ、あ、あすかです。よ……よろしくお願いしますっ!(顔真っ赤)」
●有賀野 伶也くんに対してひと言
「いいなぁ、お前らは素で居られて……(と、心のつぶやき)」
●本名 神寺 誠(かみでら まこと)  ●カテゴリー 超女装(皮物)系TSっ娘
●TSの原因 本来なら教師として潜入するはずだったのだが、身長(160cm)が低く、警察庁とFBIの共同開発により完成した潜入捜査官用特殊超変装ボディスーツの試験も兼ねて生徒として潜入することとなった。女子高生姿なのは、どこまで完璧に変装できるのかを見極めるため……というのは建前で、本当は「上層部の趣味」との噂がある。なお、ばれない事に重点を置いたために、自分で着脱はできない。
●TSした自分に対して 恥ずかしがっている/嫌がって(苦痛に感じて)いる




戻る「T's☆Heart」メインページに戻る