戻る

二人のカオル                                     by WATARU 1024
二人のカヲル_タイトル


カヲル 浩樹
CONTENTS

No. 章題 視点  内容  
(1)  一、あいつの妹 −浩樹(1)−
オレが見蕩れた彼女はあいつにあまりにもそっくりだった。
 
(2)  幕間1 −浩樹(2)−  
(3)  二、あのこ −浩樹(3)−
初めて待ち合わせるデート。今やオレは完璧に彼女に惚れていた。
 
(4)  三、彼女 −浩樹(4)−
土曜日にオレの家に彼女はやって来た。いい雰囲気になったオレ達は……
 
(5)  幕間2 −浩樹(5)−  
(6)  幕間3 −浩樹(6)−  
(7)  四、あいつとオレ −浩樹(7)−
四年ぶりの親友は全然変わっていなかった。オレはあの莫迦と叫んだが……
 
(8)  五、オレたち −浩樹(8)−
待ち合わせに現れた彼女を見てオレは絶句した。全く世の中、オレには解らない事だらけだ。
 
(9)  ]、それから −カヲル(])−
夏が来る。そして新しい日々。
 

戻る