戻る

春爛漫

第一部

作:HIKU


「お兄ちゃん、早く起きてよ!」

「学校に遅れるわよ!」

俺は、中学3年の始業日を妹に起こされていた。

と、言ってもいつものことだが・・・

「お兄ちゃんは、朝に弱いんだから!」

俺は、何故か朝の目覚めがとても悪い、ものすごい低血圧のためだ。

男のくせにと言われるが仕方がない。

それに控え、妹は朝から元気はつらつなのであった。

「お兄ちゃん、早くしてよー」

そう言われながら、俺はまだハッキリしない頭を引きずりながら着替えと洗顔を済ませた。

しかし、最近特にその目覚めが悪くなってきていた。

それだけではない、身体の関節が痛み、お腹なんかもよく痛んだのだった。

「お兄ちゃん、朝ご飯はどうする?」

「いらない。」

「でも、食べないと、また倒れるわよ!」

確かに、妹の言うとおりだった。

最近、日に一回は、めまいを起こして倒れていた。

しかし、俺たちには、おふくろしかいなかったので、心配かけさせないため、妹には喋らせないようにしていた。

「わかったよ!」

俺は、ふらつく頭を押さえながら朝食を摂ることにした。

 

俺の家は3人家族だ。

俺の名前は、大山美津夫、14歳。

妹の名前は、大山良美、13歳。

おふくろは、大山のぶよ、39歳。

親父は娘が生まれたときに喜びすぎて、階段で足を踏み外して、下まで転げ落ちて、1週間後に逝ってしまったらしい。

その後、3年間は親父の保険金で生活していたらしい。

そして、俺たちが幼稚園に行き出すと、おふくろは花屋さんをはじめた。

それが旨くいってドンドンと支店が増えていった。

そして100店舗以上をもつ花屋さんチェーン店の女社長として成功していた。

そのおかげで家族3人、裕福な生活を送れていた。

しかし、おふくろは朝が忙しく早かったので、俺は妹の世話になりっぱなしだった。

 

20分ほど掛けて、やっと良美の作った朝食を食べ終えた。

そして、俺は良美の後ろ姿をみながら家を出たのだった。

すでに良美のやつは、第2次成長期を1年前に迎えていて、今では女性らしい体つきになっていた。

それに引き替え、俺は、まだ第2次成長期を迎えられないでいた。

声変わりもせず、髭も生えず、おまけに夢精どころか精通すら無かった。

でも、それでも俺は男だ、友達と同様に、女の身体に興味もあるし、ラブレターも貰ったこともあった。

ただ困ったことに、その中に半分は男からのものが入っていたのだった。

確かに、可愛い顔をしているのは認める、それが俺のコンプレックスになっているのも確かだった。

だから、俺は中学に入ってから体操クラブに入って練習に励んでいた。

身体も柔らかく、運動神経もよい方だったので2年生になってからは、代表選手として大会にもでていた。

しかし、3学期の中頃から体調がめっきり悪くなり、クラブにも出られない有様だった。

そうして、迎えた新学年だった。

そのような状態で、俺は妹の後ろ姿を目で追いながらふらふらと桜舞う通学路を歩いていった。

 

それは突然訪れた。確かにめまいと、お腹の痛みが続いていたのだが、

その痛みが、急に激痛になり俺の腹部を襲った、そして下半身になま暖かいものを感じた。

「おにいちゃん!」と、良美の叫び声を聴きながら俺の意識は遠のいていった。

それからのことは覚えていない、当たり前だ気を失っていたのだから。

気が付いたら、病院のベットで寝かされていた。

 

腕には、点滴が刺さっていた。

しかし、嘘のように、めまいだけは消えていた。が、腹痛の方は弱くなったものの続いていた。

そして下半身に何となく違和感を感じた。

布団をめくってみると、

いつものトランクスでなく、ぴっちりとしたパンツをはかせられていた、

そのうえ、小さいおしめみたいなものが当てられているようだった。

そして、何か漏らしたようななま暖かいものを股間に感じていた。

やがて、病室の扉が開くと、医者と、おふくろと妹が入ってきた。

医者は顔色も変えず、おふくろは泣き顔で、良美のやつは事も有ろうに、にこにこ顔で入ってきたのだった。

「大山美津夫君だね。」と、医者が訪ねたので、

俺は、「はい」とだけ答えた。

「えー、君のお母さんと、妹にはもう話してあるのだが、」

「美津夫君の身体事だが・・・」

とっさに俺は思った、もしかして不治の病かと・・・

「・・・別に悪い病気ではない、お腹の痛みも、数日で治まるだろう。」

「単刀直入に言わせて貰う、色々検査をしたが君の身体は・・・」

「美津夫君、君はね“女の子”なんだよ!」

それを聴いて俺は愕然とした。だってそうだろ、いままで男として育ってきたんだから。

「女の子?」

「そう、女の子だ!」

「だって先生、俺には、小さいけどおちんちんも、玉もありますよ!」

「確かにあるけど、それは飾り物だ!一切役には立たない。」

「もちろん今の男のままでも生活は出来る。だが、それには相当な手術が必要だ。」

「それでも、君の身体は、これからも男性的な変化は起こらない。」

「もちろん、ホルモン剤を使えば、多少の男性化はするが、決して子供は作れはしない。」

「しかし、女性を選ぶなら、もちろん子供も作れる立派な躰なれる。」

「もう、すでに君の躰はその準備を始めているがね。」

「薄々感じているとは思うが、下半身に異常を感じているだろう。」

「それは、すでに生理が始まっているのだよ。」

「今までの、腹痛はそのために起こっていたんだよ。」

「従って、女の子を選んだ方がいいと私は思う。」

「まあ、今のままでも、徐々に女性化していくがね。」

「だが、選ぶのは美津夫君、君自身だ、よく考えたまえ!」

「選べと言われたって、すでに女の子へと身体の変化が始まっているんだろ。」

「そうだ、簡単ではないがそれを止めることは出来る。」

「しかし、先ほど言ったが相当躰に負担の掛かる手術になるがね・・・」

「女の子を選ぶなら簡単だ、付いているものを取ればよいだけだからね。」

「それじゃ、もう女の子になるしかないじゃないですか。」

「そうかもしれん、しかし決めるのは君だ、私ではない。」

「一晩時間を下さい。」

そう言って、俺は布団に潜り込んだのだった。

「美津夫、お母さんはね、息子がいなくなってもいいのよ、その分娘が二人になるんだから。」

「お兄ちゃん、私もお姉ちゃんが出来ると嬉しいよ。」

「もう、二人とも、帰ってくれ、一人にしてくれ!」

俺は、思わず涙ぐんだまま怒鳴ってしまったのだった。

そうして、俺は病院で一人っきりの夜を迎えた。

窓際のテーブルには、生理用品が置いてあった。

僕はそれを手に取り、暫く眺めていた。

そして、トイレへと向かった。

そして、男子トイレの大の方へと入った。

ナプキンを取り替えるためだ。

「あーあ、俺がこんなものを使う羽目になるとは、」

「どうしよう、このままでも女の子へと身体が変化していくのだったら・・・」

そう呟きながら、用を足して、ナプキンを取り替えようとした。

「ところでどうやって使うんだ?」

袋を見ると使い方が記載してあった。

「なるほど、裏のシートを剥がしてショーツに張り付け・・・」

「どっちが前でどっちが後ろだ?」

「まぁいっか!」

「しかし、男の俺がって、半分女だったけどこんなもの使うとはなぁー」

「しかし、玉と竿が有るのにどうしたらいいんだ?」

「えーい、判らん。」

俺は仕方なく、玉と竿を引っ張ってナプキンが股間に密着するようにしてパンツを上げた。

そして、気がついたのだがトイレにはナプキンを捨てるところがなかった。

当たり前だ、そんなもの男子トイレには必要ないものだから。

そうして、換えたナプキンを持って手洗い場へ行くとおむつを捨てるところがあったので、周りを見回してからそっと捨てたのであった。

そして手を洗って病室に戻ったのだった。

そして、ベットに腰掛け考えた。

「しかし、まいったよなー、女の子だって。」

「今までの、俺の14年間は何だったんだ?」

「体操部のスターになって、これから彼女を作って楽しく行こうと思っていたのに・・・」

「これから先、スカートはいて、ブラジャー着けて、パンティー履いて、生活すんのかよ。」

「そんな変態みたいな事出来るもんか!」

「でも、躰はすでに女性か始めてるんだから、いずれは、着ることになるんだろうなぁ。」

「くよくよしても仕方がないな、どうせこのままほっといても女になってしまうんだから、」

「それだったら、この際とびっきりのいい女になってやるか!」

「ようし!いっちょう、女の子になってやるかぁ!」

そう決めた俺は、そのまま布団の中に潜り込むと、ひとつのびをすると寝てしまったのだった。

 

 次の日の朝、

 

朝食が運ばれてきた音で起こされたが、やっぱり寝起きの調子はよくなかった。

目の前に置かれた食事を焦点の合っていない目で眺めて、箸を付けることなく「ボー」っとしていたのだった。

やがて「コンコン」と、ドアをたたく音がした。俺はその音でやっと目が覚めたてきたのだった。

俺は取り敢えず「はいー」とだけ返事をした。

入ってきたのはおふくろだった。

「どう?調子は、」

「相変わらず、朝には弱いようね。」と、テーブルを見てため息を付いていた。

「まだ食べてないのね。」

「食べる?入らないのだったら返してくるけど。」

そう言われて俺は朝食に目を通して「いらん!」と言った。

おふくろも「そうね、こんな朝食ではねっ!」そう言って返しに行ったのだった。

「後で、好きなものでも買いに行きなさい。」

そう言って俺に似合わないようなかわいらしい財布を置いた。

「美津夫!どうするか決めたの?」

俺は、頭がまだスッキリとしてはいなかったが、決意を話した。

 「このままでは完全な男にはなれない、けど完全な女の子にはなれる。」

 「だから、おふくろ!女になることに決めたよ!」

「そうね、その方がいいわねっ。」

「今日は、会社昼からにしてあるから、後で先生とお話しするわっ。」

「でも、良く決心したわね。」

 「おふくろ、仕方がないだろ、すでに生理も始まってるんだし!」

「そうそう!生理で思い出したわ、」

「はい!これ、お赤飯持ってきたのよ!」

 「おふくろ、なんで赤飯なんだ?」

「そうね、あんたは知らないわね男だから、」

「女の子はね、初潮を迎えたら赤飯でお祝いするものなの!」

「あんたも、一応女の子なんだからねっ!」

「食べる?」

そう言えば、2年ほど前に食った覚えがあった。それはこう意味だったと事を今知らされたのであった。

 「たべるよ!せっかく持ってきてくれたものだし、それにやっと頭が回ってお腹が空いてきたことだし。」

「そう、良かったわ!」

「あっ、忘れてたわ!色々と入院に必要なものを持ってきていたのよねっ。」

そう言って、おふくろは、持ってきたものを次々とロッカーに入れていった。

その中には、可愛いネグリジェまであった。

俺は、それを見て改めて思い直させられたのだった。

 「そうか、そんな恥ずかしいものを着ることになるんだな!」

 「・・・・・・」

やがて、片づけが終わると、お茶碗に赤飯がよそわれて出てきた。

そして、俺はそれをゆっくりと意味をかみしめなから食べ終えたのだった。

「そうそう、学校には休学届けを出しておかないとね。」

 「休学届け?」

「だって、今のままじゃ、学校には行けないでしょ!」

「女性としての自覚を身につけるのには、少なくとも半年は掛かるわよ!」

「だからね!1年間休学して、もう一度3年生から女の子としてやり直しなさい!」

俺は、複雑な心境だった。

出来たら誰も知らない学校に転校したかったが、そうそう私立の中学校はなかったのだった。

 「仕方がねーな、判ったよ!」

「後、それから名前も変えるけど好きな名前ある?」

 「名前?」

「そう、だって女の子になるんだから、役所に行って戸籍の性別と名前の変更が必要だからね。」

「特に無いのだったら、美津子にするけどいい?」

 「あー、それでいいよ!」

「それじゃ、美津子ちゃん!」

 「・・・・・・」

 「なんだよ!」

「女の子が、そんな言葉遣いしないの!」

 「そんなの、直ぐに変わるわけないだろ!」

「だめよ!意識して考えて喋りなさい!」

「でも、いいわ退院してからゆっくりと仕込んであげるから!」

 「はいはい!わかりましたよ!」

 

そうしているうちに担当医がやってきたのだった。

「おはよう、美津夫君、調子はどうかね?」

「どうするか決めたかね?」

 「はい、俺、女になります。」

「そうか、決めたか、そしたら手術の段取りを決めないといけないな。」

「先生、宜しくお願いします。」

「よし、わかった、任せておきなさい、きれいな女の子にしてあげるからねっ。」

と、何故かにこにこ顔の担当医であった。

「大体だけど退院するまでに1ヶ月は見てください。」

「そんなに掛かるんですか?」

「今、生理中だし、身体の検査をきちんとやってからになるからね。」

「生理が終わって1週間したら手術の予定だな。」

「そして、後3週間の入院と、リハビリが必要だからね。」

「わかりました先生!うちの娘を宜しくお願いします。」

切り替えの早いおふくろであった。

 「もう娘だって・・・・たまんねえな。」

俺も取り敢えず「宜しくお願いします。」とだけ言っておいた。

「そうですわ先生、うちの子の名前〈美津子〉にしたのでよろしくお願いします。」

「そうか、美津子ちゃんか、わかったよ、後でカルテとネームプレート変更させておくから。」

「詳しい手術内容は明日話をするから、お母さん明日もこの時間に来てください。」

「それでは、次の回診がありますので、」そう言って医者は出ていったのだった。

「さてと、美津子、ママは後必要な手続きをしに行って来るから、もう帰るわね。」

「後、必要なものは自分で買いなさい。」

 「わかったよ!」

「それから、夕方には良子を来させるからね!」

 「別にいいよ!」

「何言ってるの、これからは、良子に女の子のことを教えて貰うのだからね。」

 「はいはい!」

「それじゃぁね。」

そう言っておふくろは帰っていった。

 「あーぁー、する事が無くて暇だよなー」

 「そうだ、財布にはいくら入ってんだ?」

 「1・2・3っと、3万か、けっこう入ってるな!」

 「ちょっくら、売店でも覗いてみるか!」

そうして、俺はパジャマ姿で売店に行くことにした。

売店は、けっこう広かった。

俺は、雑誌を数冊とお茶のペットボトルを何本か買って部屋に戻った。

そして、1本を残して後は冷蔵庫にしまうと、いすに腰掛けて雑誌を読みふけっていた。

1時間くらいしてから、看護婦がやってきた。

「えーと、大山 美津子さんだったわねっ。」

「体温を計っていて下さい。」

そう言って体温計を手渡した、そして枕元と、部屋のネームカードを入れ替えていた。

それに書かれた名前を見て、「大山 美津子か、」

俺はため息を付いた。

「ピピッ・ピピッ」っと体温計が鳴った。

「何度?」

俺は、体温計を看護婦に渡した。

「37.0度ねっ」

「次は、血圧よ!」

そう言って血圧計を腕に蒔いてスイッチを入れた。

今のは、電気式だから楽なものだ。

「106の65ね。」

看護婦は、記入を終えると出ていったのだった。

俺は、その後ろ姿にナース服に浮き出ていたブラとショーツのラインを目で追っていたのだった。

やがて昼食が運ばれてきた、食べれるようなおかずはなかった。

俺は、もう一度売店に足を運び、おかずだけを買って部屋に戻り、ご飯とみそ汁とだけを食べトレイを返したのだった。

 「しかし、どうしてこうも病院の食事は不味いんだ!」

 「こんなものを、食べれるやつの気が知れないな!」

 「さて、食うものも食ったし、散歩でもするか!」

 「とっ、その前にトイレトイレ!いちいち面倒だなナプキンを換えるのは、」

 「これから、これが毎月続くのか・・・」

する事を済ませて俺は散歩に出かけたのだった。

 

 俺は病院の公園へと散歩に出かけたのだった。

それがこんな結果になるとは予想だに出来なかった。

 

病院の中は、冷暖房が行き届いているのでパジャマとセーターで充分だった。

外は春が来ているとは言え、昼間でもまだ寒いのでおふくろが持ってきてくれていたウインドブルゾンを持って出ることにした。

病院の正面玄関を出て三〇〇m程歩くとその公園に着く、

しかしただの公園ではなかった。小さいが森林公園の相を呈していた。

学校のグランドくらいの広さの森があって、そこに無数の道があって中は、ちょっとした迷路のようになっていた。

そして所々にベンチなどが置いてあり、病院に近いところには患者時折来ているようだったが、

離れていくと、そこにはたいていカップルが座ってイチャイチャしていた。

俺はそんな中、ブルゾンを着て散歩していた。

少し恥ずかしい気分だった。

実は、おふくろが持ってきていたのは、女性用のブルゾンだったのだ。

そのせいで、ちょっとボーイッシュな女の子のように見えてしまっていた。

まるで変態のような気持ちで人がいると人目を逃れるように早足で歩いていった。

出も暫く歩いていると、気疲れと目眩がしてきて、ちょうどあったベンチに腰掛けて休憩を取っていた。

ベンチに座っていると、何人かの青年が前を通ったが、何故かこちらの方をちらちら見ながら過ぎて行った。

暫くすると、花束を抱えた女の子たちが3人来た、よく見てみると彼女らはクラブの後輩だった。

急いで病院に戻ろうとしたが、すでに目前に来ていて帰ることが出来なかった。

その時、彼女らの一人が俺の視線に気が付いて小走りにやってきた。

「大山せんぱ〜い!」

「こんにちわ、お体大丈夫ですか、」

「クラブ女子の代表でお見舞いに来ました〜」

 「あ〜、ありがとう!、ここではなんだから病院戻ろうか。」

「は〜い!」

「あれ?、大山先輩、可愛いブルゾン来てますね!」

「とても、よく似合ってますよ!」

 「そ〜かい?」

 「おふくろが持ってきてくれたんだけど、どうやら女の子用みたいなんだ。」

「でも、ぴったりですね〜、先輩たらっ、赤くなって可愛い〜」

 「おい、他の奴らに喋るんじゃないぞ!恥ずかしいんだから。」

「は〜い!」

 「それじゃ、病院に戻るか!」

そう言ってベンチをから立ち上がったとたん、お腹の中を何かが流れる感じがして蹌踉めいて彼女に寄りかかってしまった。

「先輩!大丈夫ですか?」

俺は、ほんの数十秒の間、嫌悪感が治まるまで彼女に寄りかかっていた。

 「あ〜、もう大丈夫だ、ありがとう!」

そして、俺は病院へと彼女ら3人を連れて歩き出した。

歩き出したのはいいが何故かお尻が暖かいような冷たいような感じがひどくなってきていた。

「先輩!後ろ、血が…出てます。」

 「えっ?」

俺は後ろを見るとパジャマのお尻の部分が真っ赤に染まっていた。

 「ごめん!」

俺は彼女らを置いて一目散に病院へと走ったのだった。

病室に付くなり俺はブルゾンを脱ぐと着替えのパジャマとパンツとと生理用品を持ってトイレへと駆け込んだ。

そして着替えて病室に戻るとちょうど彼女らの一人だけが病室に来た。

「先輩、本当に大丈夫ですか?」

 「後の二人はどうした?」

「帰りました。」

 「どうして?」

「だって………」

 「んっ?」

「だって………」

「たぶん、気を利かしてくれたんだと思います。」

 「えっ?」

「私、先輩のことが好きなんです、先輩のためなら総てをあげてもいいと思ってるんです。」

 「ごめん、俺も君のことを可愛いと思っていたよ、でも、もう遅いんだ。」

「何が、遅いんですか?」

 「それは………」

「私でできることなら…」

 「…………」

そんな態度に業を煮やしたのか、彼女は俺に抱きついてきた。

「先輩、私もう何も聞きません!そのかわり一度だけでいいですから抱いて下さい。」

 「…………」

そうして彼女は、徐々に俺をベットへと押し倒せる位置まで押されてしまった。

そして、今まさに押し倒されようとした瞬間、病室の扉をノックする音がした。

「お姉ちゃん!入るわよ!」

そうして、ドアを開け妹が入ってきた。

「あっ、ごめんね、お姉ちゃん!」

「朋美ちゃん、お見舞い来てくれたんだ!」

「ところで、他の二人は?3人でお見舞い行くって聞いてたけど?」

「二人は途中で帰ったの。」

「ねえねえ!お姉ちゃんて誰?」

「大山先輩!」

 「…………」

「もしかして、大山先輩、さっきの出血もしかして………」

「ごめんね、お姉ちゃん、私帰るから。」

「夕御飯のおかずと、着替え置いておくから。」

「朋美ちゃん、後お願いね!」

「それじゃお姉ちゃん!また明日ねっ!バイバイ!」

 「おい、待てよ良美!」

そして、病室には俺と朋美の二人だけになってしまった。

 「まいったなぁ〜」

 「悪いね、朋美ちゃん!」

「いいんです、先輩!」

「でも、先輩、本当は………」

 「朋美ちゃんの思ってるとおりだよ!」

 「そう、俺は女だったんだ!」

 「今は、まだ男の部分も残っているけど、後一週間ほどでそれも無くなってしまうんだ。」

「先輩、それでもかまいません!」

「先輩、私をあげます!男だった証として。」

 「ありがとう、でも………」

「いいんです、残っている男としての時間を私に下さい。」

 「朋美ちゃん!」

「先輩!」

そうして、俺は病室の鍵を掛けると彼女とベットに入ったのだった。

 

続く

戻る

□ 感想はこちらに □